糖質制限ダイエットではせんべいは食べても大丈夫ですか?

せんべいは、しょっぱいものでも甘いモノでも、
食べ過ぎると糖質オーバーになってしまいますから、
糖質制限中は食べないほうが良いと思いますよ。

バリバリ食べるのに美味しいですけど、
ちょっと残念ですね。

以下のような栄養成分が含まれています。

100gあたり
【カロリー】373キロカロリー
【タンパク質】7.8グラム
【脂質】1.0グラム
【炭水化物】83.1グラム
【食物繊維】?グラム

一般的な塩せんべいで上記のような数値ですから、
甘みの強いせんべいだと確実に糖質は上になります。

さらにのりを巻いてあるせんべいの場合、
若干、食物繊維の量はアップしますが、
それ以上に糖質の量もアップしてしまいます。

基本的には、お米で作られている製品なので、
お米をバクバク食べているのと同じになりますね。

お米は角砂糖に換算すると、
ありえないほどの糖質になっているので、
せんべいも本当に気をつけなければならないと思います。

ちょっとしたときに食べたくなりますよね。

せんべいって形も小さめだし、
薄く作られているからバクっと食べてしまいますが、
実際には、それが血糖値を上昇させる原因になります。

せんべいを食べて血糖値が上がっている状態で、
本当の食事を摂取してしまったとしたら、
間違いなく脂肪細胞は膨らむようになりますよ。

糖質制限中はカットしたほうがいいですね。

糖質制限ダイエットでダイエット成功の秘訣はなんですか?

今までいろいろなダイエットを経験してきて、
リバウンドを繰り返してきた夫婦にとってみて、
糖質制限ダイエットは本当にすごいダイエットだと思います。

いろいろなダイエットの中で、
失敗を重ねてきましたが、
糖質制限ダイエットの中では、
本当に失敗することはなかったですね。

成功の秘訣というかポイントは、
数字をあまり気にしないことだと思います。

体重が気になると思いますし、
日数が気になると思いますし、
カロリー数が気になると思います。

運動量だって気になるかもしれないし、
いろいろな数字が気になってくると思います。

今までのダイエットだと、
こうした数字に縛られてしまって、
完全にストレスになっていたと思います。

体重が減らないと一喜一憂していたり、
○○日までに思い切り痩せたいと焦らせたり、
色々なストレスが加わっていたと思います。

糖質制限ダイエットで覚えるのは、
その食品が糖質が入っているかどうかだけなので、
本当にストレスなくダイエットすることができますね。

糖質をしっかりとカットするだけで、
後は放置していれば勝手に体重が落ちてくるので、
それ以外、特に何もしなくてもいいのがポイントです。

糖質制限ダイエットで成功していない人の中には、
自分の中で成約を作ってしまっているというか、
過剰なストレスを感じているケースが多いですね。

ストレスを感じないダイエット方法、
というのが秘訣になってくると思います。

糖質制限ダイエットのとき、ぜんざいは食べても大丈夫ですか?

お正月のときにおしるこやぜんざいを食べようと思って、
糖質制限の情報を徹底的に集めました。

糖質制限された作り方が書いてありましたし、
パルスイートなどの甘味料を使う方法が書かれていましたが、
残念ながら糖質オーバーになっていたので作りませんでした。

どれだけパルスイートを使ったとしても、
どれだけ甘味料を使ったとしても、
素材が糖質まみれなので食べることが難しいんですよね。

お餅にも糖質たっぷりだし、
小豆にも糖質がたっぷり含まれているので、
どれだけ甘味料を使ってもオーバーになってしまうんです。

小豆の糖質はグルコースで構成されていて、
血糖値を上げにくいという情報もありますが、
ある一部の説なので注意が必要です。

小豆は食物繊維もたくさん入っていますから、
糖質を上げにくそうなイメージがありましたが、
実際には血糖値をがんがんに上げやすい食材です。

低インシュリンダイエットの中でも、
かなり高いGI値になっていますから、
低インスリンダイエットでもNG食材になっています。

最近も、定期的に糖質制限ぜんざいを調べていますが、
今のところしっくり来るようなレシピがないです。

低糖質のあんこも販売されていますが、
お餅をどうやって変更するかも重要なので、
ここが変化すればいいなと思っています。

糖質制限ダイエットでは天ぷらは食べても大丈夫ですか?

天ぷらは、糖質が過剰になっている食品ですから、
糖質制限中は食べないほうがいいですね。

どのような食品を使っていたとしても、
覆っている衣が糖質たっぷりですから、
糖質オーバーになってしまいますよ。

食品ごとに糖質は変わってしまうと思いますが、
天ぷら粉の数値がありましたので、掲載しておきます。

以下のような栄養成分が含まれています。

100gあたり
【カロリー】349キロカロリー
【タンパク質】7.5グラム
【脂質】1.6グラム
【炭水化物】76.1グラム
【食物繊維】?グラム

数グラムは食物繊維が入っているようですが、
それ以上に糖質がたっぷり含まれていますから、
食べることは避けなければなりませんね。

糖質たっぷりのものを、
油でカラッと揚げることによって、
完全に太りやすくなってしまいますね。

食物繊維が入ったタイプの天ぷら粉もありますが、
それでも糖質は間違いなく含まれているので、
食べ過ぎれば糖質オーバーになります。

また魚やエビの天ぷらなどは、
天ぷらの中でも糖質が少ない分類ですが、
芋などは完全な糖質オーバーになりますよ。

どうしても食べたい場合は、
天ぷら粉の種類をふすまなどに変更して、
肉や魚などを素材に使うといいと思います。

外食などで糖質をカットしたい場合には、
サプリメントを使用するといいと思います。

糖質制限ダイエットのとき尿酸値に問題は起こりませんか?

糖質制限を行っていると、尿酸値に問題が起こりそうですが、
実際には、尿酸値は正常範囲内に落ち着くことが多いですよ。

僕達夫婦の数値も正常範囲内に落ち着いていますし、
友人たちも特に問題ない数値になっていますし、
他のブロガーの方も正常化していることが多いですね。

イメージとしては尿酸値が上がりそうですが、
結果は逆になっています。

どのようなメカニズムになっているかは
完全には把握されていませんが、
数値が下がることは間違いないですね。

もともとタンパク質や脂質との関係性が深いとされていて、
痛風関係の病院では肉などを制限されますが、
結果は逆になっている部分が興味深いです。

糖質制限そのものもメジャーな医学に反していて、
今のところは邪道のような方法になっていますが、
海外ではメジャーになっている国もありますからね。

日本では邪道になっていても、
海外ではメジャーになっていること、
こうしたものは数多くあると思います。

特に医学の世界では、その国の保険によって変わりますし、
利権なども関わっている可能性がありますから、
情報が変化していることが多いですよ。

尿酸値にはストレスが関係しているとも言われているので、
いろいろな部分が関係してきているのかもしれませんね。

糖質制限ダイエットと腹痛は関係ありますか?

糖質制限を行っていると便通が悪くなることがあるので、
そのときに腹痛が発生する可能性がありますね。

我が家では難消化性デキストリンが入ったサプリメントを飲んで、
便通を改善するようにしていますが、
腹痛が出ることは今ではなくなりましたね。

以前までは便通のことを気にしていませんでしたから、
たまに腹痛が発生することがありましたが、
今では毎日快便になっています。

糖質制限だけを継続していると、
ほぼ間違いなく便秘になると思います。

もともと炭水化物食品の中に含まれていた水の量が減りますし、
野菜も意識的に食べるようにしなければ、
腸の動きが悪くなってしまうと思います。

嫁さんはもともと腸の具合は問題なかったのですが、
一時的に便秘になってしまいましたね。

食物繊維を摂取しようとすると、
過剰に糖質が入っているものもありますので、
このあたりは注意したほうがいいと思います。

食物繊維だけに目を向けてしまうと、
過剰な糖質オーバーになってしまうこともあります。

糖質が少なくて食物繊維が多く入っているもの、
例えばこんにゃくなどを選ぶようにして、
腸内環境を改善していったほうがいいですね。

あまりにも長期的に腹痛が続く場合、
便秘とは関係ない腹痛が続いている場合、
病院を受診したほうがいいと思います。

糖質制限ダイエットでは焼酎は飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限ダイエット中は、焼酎は強い味方になりますよ。

僕も、定期的に飲んでいますが、
びっくりするぐらい糖質は含まれていません。

以下のような栄養成分が含まれています。

100gあたり
【カロリー】206キロカロリー
【タンパク質】0グラム
【脂質】0グラム
【炭水化物】0グラム
【食物繊維】0グラム

アルコールで出来ているものですから、
アルコールのカロリーは算出されますが、
それ以外には何も含まれていませんね。

ロックやストレートで飲むのであれば、
まったく何の問題もありません。

お茶割りやウーロン茶割りなど、
糖質が入っていないもので割るのも、
まったく問題ない部分です。

甘みのあるサワーなどにしてしまうと、
糖質が含まれるようになりますから、
飲み過ぎると糖質オーバーになりますよ。

芋焼酎・米焼酎・しそ焼酎など
いろいろな焼酎が販売されていますが、
どれも糖質が入っていませんからおすすめです。

同じような色をしているのに、
糖質たっぷりの日本酒とは大違いなので、
糖質制限するなら焼酎ですね。

焼酎と焼き鳥の塩味のものさえあれば、
居酒屋でバクバク食べることができます。

会食などでは難しいかもしれませんが、
友人同士の飲み会などだったら、
気軽に飲むものを選ぶことができますし、
居酒屋に行けるというのは本当にありがたいですよ。

糖質制限ダイエットのとき、ソフトクリームは食べても大丈夫ですか?

今のところ、一般的に販売されているモノなかで、
ソフトクリームは糖質制限されているものは少ないですね。

コンビニで売られているものもそうだし、
観光地などで売られているもの同じですが、
完全に砂糖たっぷりの糖質オーバーアイスです。

以下のような栄養成分が含まれています。

100gあたり
【カロリー】146キロカロリー
【タンパク質】3.8グラム
【脂質】5.6グラム
【炭水化物】20.1グラム
【食物繊維】0.7グラム

完全に糖質たっぷりのスイーツですね。

もう少し脂質が含まれているかと思いましたが、
糖質が過剰に含まれていることがよくわかります。

豆乳で作られたソフトクリームもありますが、
現状では同じような生産方法で作られているので、
糖質量もあまり変わることがないようです。

ソフトクリームは食べることができませんが、
ローソンで売られている糖質制限アイスは、
かなり甘みが強くてアイスそのものです。

1個あたりの糖質量も10グラム以下なので、
たくさん食べすぎなければ間食に適しています。

夕食後のデザートに食べてしまうと、
夕食の糖質と合体して量が多くなるので、
おやつ代わりに食べるといいかもしれません。

以前、一度だけ食べたことがありますが、
もの凄く美味しかったと思います。

将来的に、糖質制限のソフトクリームが、
ミニストップあたりで出してくれないかな??
と真剣に希望している毎日です(^O^)

糖質制限ダイエット中に水分はどれ位摂れば大丈夫ですか?

僕は糖質制限とは関係ない健康法を実践しているので、
今は1日2リットル以上のミネラルウォーターを飲んでいます。

水分と書くとコーヒーやお茶を飲む方もいますが、
カフェインが入っているものを飲み過ぎてしまうと、
カラダに逆効果となる場合が多いので注意が必要ですね。

「水分をとりました!!」と言っている人の多くが、
純粋な水ではないことが多いですね。

男性の場合は、男性ホルモンに影響してしまい、
カラダがなよなよした感じになることも言われているので、
草食化の時代には適していない飲み物だと思います。

僕はもともと水はあまり飲まないほうで、
1日500ミリリットル飲めばいいほうだったと思います。

食べ物の中にも水が含まれているので、
本来はそれ以上摂取していたことになりますが、
糖質制限食は、水分が少ないケースがほとんどです。

主食(穀物など)の中には、水を使ったものが多いですが、
糖質制限食を行なっていくと、自然に水の量が減るので、
それを意識して2リットル以上飲むようにしています。

少し喉が渇くようになったので、
余計に飲むようにしていますね。

僕の友人に富裕層(億万長者)の方が複数名いますが、
彼らは積極的に水を飲んでいますよ。

多い人だと4リットルから5リットルといった、
一般の方からは考えられないくらい、
水をたっぷり飲む方が多いです。

水を飲むほどエネルギー効率も上がりますし、
代謝も改善されていきますから、
ダイエットには最適の方法ですよ。

糖質制限ダイエットのとき、睡眠時間が長くなる?短くなる?

糖質制限を行なっていると、内臓の働きが正常化されやすく、
ぼーっとする期間がなくなりますから、
睡眠時間は短くなる傾向が多いですね。

今でこそ6時間位寝ていますが、
4時間ぐらいでも問題ない感じになってしまって、
夜中に目覚めては仕事を行っていた時期もあります。

あまりにも睡眠時間が短すぎると思ったのと、
仕事を思い切りやり過ぎたことで、うつ病っぽくなったので、
意識して眠る時間を長くするようにしました。

夜中にいったん起きてしまうことが多かったので、
そこから二度寝するように心がけました。

以前は、夜中に起きてしまったら、
そこからビジネスを開始していましたが、
現在では5時半くらいまでは眠るようにしています。

エネルギーが増したのはありがたいことですが、
あまりにも睡眠時間が短すぎてしまうと、
少し疲労感も出やすくなりますよ。

もともとのショートスリーパーの方や、
意識して短くしたい方には適していますが、
僕は睡眠は普通がいいなと思っていました。

3時間や4時間では、
あまりにも短かったと感じました。

他の方のブログを拝見させていただくと、
逆に睡眠時間が長くなる方もいるようです。

今のところ、どちらのタイプの方も存在していて、
どちらも発生する可能性があるということですね。