糖質制限ダイエットのとき、添加物は問題無いですか?

添加物の問題は、糖質制限についてまわる問題です。

僕は、今でこそ甘いモノは食べなくなりましたが、
昔は、とにかくアイスクリームが大好きで、
毎日のように食べ続けていました。

糖質制限をやめてからは、
アイスクリームは食べなくなりましたが、
どうしても甘いモノが食べたくなるときには、
糖質制限されたスイーツを食べるようにしています。

このとき人工甘味料が使われているので、
添加物を摂取することにつながります。

砂糖よりは人工的なものですから、
添加物として影響を出すことが考えられますが、
どう考えても砂糖たっぷりの食事をしているほうが、
健康に悪いと僕達は考えています。

一般論で語っているわけではなくて、
糖質制限したほうが各種数値が正常化してきて、
健康体に近づいていると実感できているからです。

また糖質制限するときの添加物は話題に上がりますが、
糖質制限していなくても大量の添加物を
僕達は普段摂取し続けています。

とうとう気を使っている人なら別ですが、
お肉や魚にも添加物は入っていますし、
成長の段階をたどっても添加物は入っています。

あまり体に良くないものという認識はありますが、
それ以上に健康状態が良くないこと、
各種数値がボロボロになっていることが不健康だと思います。

やる気も出るようになったし、
行動力も大幅に上がったし、
いろいろな面でプラスになっています。

添加物が気になる方はやらなければいいし、
それでもやりたい方は、実践すると良いと思います。

糖質制限ダイエットに良いサプリはありますか?

我が家で使用しているサプリメントは、
食物繊維と難消化性デキストリンが配合された、
糖質をカットしてくれるサプリメントですね。

別ページでも紹介していますが、
いろいろ試してきた中で、
一番実感できたのが今使っているものなので、
それを継続的に利用していますよ。

サプリメントを単独で使用した所で、
おそらくダイエット効果はそこまで無いと思います。

糖質制限ダイエットを行いながら、
さらにサプリメントを補助的に利用すると、
相乗効果で何倍もの効果を実感できると思います。

糖質制限を行なっていたとしても、
外食に行きたくなることってあると思うんです。

行きたくていく場合もあるでしょうし、
仕事の関係などから行きたくなかったとしても、
参加しなければならない飲み会もありますよね。

そんなときに、もの凄く役立ちますよ。

普段の生活でもサプリメントを摂取していると、
効果を実感しやすいと思いますが、
外食時には特に数値が分かりやすいですね。

お薬ではないので劇的な効果があるとか、
ダイエット効果があるとかは書けませんが、
実感としては上々ですね。

完全に糖質をカットしてくれたり、
完全に脂肪をカットしてくれるような、
魔法のサプリメントやお薬は無いと思います。

使っても体重が増える物もあったし、
まったく意味が無いものもあったし、
体調をくずすようなものもありました。

評判の良いサプリメントに出会えて良かったです。

糖質制限ダイエットで腹持ちが良い料理はありますか?

糖質制限ダイエットを行なっている中で、
一番腹持ちがいいなと思っているのが、
コンニャクと卵を一緒に炒めたものですね。

どちらも糖質がほとんど含まれていませんし、
卵の栄養成分がしっかりと入っているので、
栄養補給にもなるスグレモノです。

それでいて、どちらも消化がゆっくりと行われるので、
胃に負担がかかることなく、お腹が空きにくい状態になります。

消化が早過ぎる物を食べていると、
お腹がどんどんすくようになりますね。

糖質は基本的に消化が早いですから、
食べれば食べるほどカロリーオーバーにつながり、
お腹がどんどん空いていくようになりますよ。

他に腹持ちがいいものといえば、
食物繊維が入った食べ物ですが、
気をつけないと糖質も一緒に入っています。

ゴボウなどが食物繊維の固まりとして有名ですが、
糖質も含まれているものですから、注意が必要です。

食物繊維の影響で、糖質の吸収は緩やかになりますが、
それでも当分が身体の中に入ってきて
インスリンが放出されるのは間違いないですから。

僕は間食するときにはチーズを食べています。

カットされたカマンベールチーズが好きなので、
そのままバクっと食べてしまいますね。

クラッカーは糖質の固まりですから、
カマンベールチーズのみを食べるようにして、
それ以外の栄養素は入れないようにしていますよ。

糖質制限ダイエットのとき、より満腹感を得るにはどうしたら大丈夫ですか?

糖質制限ダイエットを行なっているとき、
お腹いっぱいにならないことがありますよね。

カロリーをそこまで気にしなくても大丈夫、
と言われていますが、最初の頃なんかは心配になって
少し小食になってしまうことが多いかと思います。

こんなときには、難消化性デキストリンが入った
トクホ飲料を飲むようにすると腹持ちが良いですよ。

トクホ飲料は、ネット上では嫌われていますが、
デキストリンをしっかりと使用することができれば、
腹持ちよく満腹感を感じるようになりますね。

ヘルシアが効果的かどうかは分かりませんが、
デキストリンが入っているものと、そうでない飲み物では、
その後の満腹感に違いが出るというデータも発表されています。

同じ食事量を食べているはずなのに、
同じ水分量を摂取しているはずなのに、
トクホ飲料のほうがお腹いっぱいになりやすいです。

あと、これは糖質制限ダイエットの基本、
MEC食の基本中の基本だと言われているのですが、
30回以上しっかりと噛んで食事を行うといいですね。

満腹中枢が刺激されて、なんたらかんたら…
といろいろな所で書かれていますが、
実際には顎が疲れて食事どころではなくなります。

噛めば噛むほど満腹感は増していきますから、
お腹が空きやすい方はその方式がいいかもしれません。

もしくは、ボディビル業界では、同じカロリーであれば、
複数回に分けて食事を摂る方法が推奨されているので、
回数を分けるのもいいかもしれませんね。

カロリーオーバー、糖質オーバーになってしまえば
元も子もありませんが、満腹感は増しますよ。

糖質制限ダイエットに若返り効果はありますか?

糖質制限ダイエットを行っていると、
疲れた顔が改善されるようになるので、
若返り効果が出てくると思いますよ。

糖質をたくさん食べていると、むくんだような感じというか、
もっさりした感じというか、表現が難しいのですが、
田舎っぽい感じになってしまうことがあります。

糖質をたくさん食べれば食べるほど、
うつ状態になると言われる論文もあるくらい、
糖質がココロをコントロールしているのは確かです。

日本人の活力を制限させるために、
戦後アメリカ軍が糖質を過剰に与えて、
いうことを聞かせようとしたこともあるくらいです。

糖質をたくさん食べた後って、
眠くなったりやる気が出なくなることがありますが、
まさにあれが一日中続くことがあるんですね。

本人は気づかないまま、やる気だけが削がれていって、
顔もたるむようになったり、そもそも代謝が悪くなって
全体的に不健康なイメージになることが多いです。

糖質制限を行うと、そうした不健康な状態というか、
ココロの問題等が解決されますから、
若返るようになる可能性は高いですよね。

僕はもともと老け顔で、
年齢が上に見られることが多かったですが、
糖質制限ダイエットを行なって顔がシェイプされたら、
徐々に歳相応、もしくは下に言われることが多くなりました。

劇的に若返り効果があるかは分かりませんが、
少なからず若く見えるようにはなると思いますよ。

糖質制限ダイエットしたのに痩せないのですが・・・?

糖質制限ダイエットをこなっているのに、
なかなか痩せない方もいらっしゃると思います。

この場合、3パターンに分かれていることが多いですね。

・標準体重に近い体型の方
・糖質オーバーになってしまっている方
・倹約体質でカロリー制限が必要な方

糖質制限ダイエットは、
標準体重に近づけるための方法ですから、
標準体重前後の方は痩せない可能性がありますね。

スタートが標準体重以下の方は、
おそらく体重がアップする可能性もあります。

ガリガリに痩せたい方には向いていない方法ですが、
健康的な肉体を手に入れたい方には向いている方法ですね。

痩せないとおっしゃっている方の中には、
特に栄養成分表を見ることなく、
自分の直感で食べ物を選択する方がいます。

玄米なら大丈夫でしょう、
玉ねぎは野菜だから問題ないね、
フルーツはどう考えても健康的だもんね、

と思い込みをしながら、
糖質を過剰に摂取するようになります。

上記3つとも糖質オーバーになる食べ物ですから、
糖質制限中はカットする必要がある食べ物です。

健康的に見える食べ物でも、
健康をイメージさせる食べ物でも、
糖質制限には向かないことが多いです。

最後の倹約体質の方は、
体質的にカロリー制限を行う必要があります。

といっても、少し工夫するだけで
カロリー制限を行うことも可能ですから、
色々と調べてみてくださいね。

うちの嫁さんも倹約体質の体だと思いますが、
時を重ねるにつれて順調に下がっていっていますので。

糖質制限ダイエットで痩せすぎることはありませんか?

僕達夫婦は、糖質制限を始めてまだまだですから、
痩せすぎになっていることはありませんが、
標準体重程度におさまるのがほとんどのようですね。

糖質制限ダイエットは、
標準体型の体を目指すものですから、
そこに落ち着くのが基本なのかもしれません。

僕たちは、標準体重以下は目指していなくて、
ガリガリの状態を目指しているわけではないです。

でも、モデルさんのようにガリガリを目指しているなら、
おそらく糖質制限ダイエットだけでは足りず、
カロリー制限もしっかりと行う必要がありますよ。

僕の友人に芸能関係の仕事をしている子がいて、
プロダクション側の経営を行っているんですね。

話を色々と聞いてみると、
間違いなくダイエットは行っていて、
昼間は玉ねぎだけだべる人もいるみたいです。

テレビのロケなどでグルメ番組があったとしたら、
その日1日、もしくは次の日もカロリー制限をしたり、
病的な方は吐いてしまうケースもあったりするようです。

芸能関係の方は、体が商品ですし、顔が商品です。

商品の質をコントロールするために、
徹底的にダイエットを行うようですが、
残念ながら健康部分は排除されることがあるみたいです。

そんな芸能人の真似をしたところで、
表で紹介している情報と、
裏で実践している情報が異なるので、
多くの方が実践して失敗してしまうようですね。

糖質制限ダイエットは、
激しいダイエット方法ではないですし、
標準体重以下にさせることはできないかもしれませんが、
健康的にダイエットを行うことができるものですよ。

糖質制限ダイエットのとき、バレンタインデーはどうすればいいの?

バレンタインデーといえば、チョコレート!
昔はこの日が近づくと、さぁ今年はなにを作ろうかとワキワキしたものですが・・
結婚してからはそんなこともすでになくなってしまいました(この先の夫婦関係に不安・・笑)。

さてしかし、糖質制限中の今、もしダイエットを頑張っている旦那・彼氏に
手作りバレンタインのプレゼントを渡すとしたらどうしましょうか?

一番は気持ちだけでお菓子はあげない!
どう考えても、これ、一番。
けど、頑張っている彼にたまには甘いモノを食べさせてあげたい、しかも安心して。
低糖質のお菓子を作ってきたら彼や旦那もあなたをきっと見直しますね!
さぁ、ギャフンと言わせるような低糖質で美味しいお菓子はあるでしょうか?

私が今もし作るとしたら、生チョコなんてどうでしょう。簡単だし!
なんだか、やばそうな生クリームは実は低糖質なんです。
100グラム中に植物性生クリーム、乳脂肪性生クリームどちらも約3グラムしか
入ってないので実は安心、優秀。
生チョコ作りには必要無いですが、ホイップクリームを作るときに
普通は砂糖も入れて泡立てますよね。
ここでラカントやパルスイートなど人工甘味料に変更することが肝ですね!
ですから、生クリームは購入OKですが、市販のホイップクリームは
なるべく購入はNGです。間違えないでくださいね~!

そして、問題のチョコレート!
でも、大丈夫~!
今はインターネット通販で低糖質、砂糖不使用の
低糖質チョコレートが結構たくさん売られていて気軽に買えるんです。
最後に茶こしで上からさ~とココアパウダーを掛けますが、
このココアパウダーはほとんど糖質0に近い感じです。

他には、チーズケーキなんかもネットで低糖質の作り方が
結構出てますね~!

バレンタインデーだけじゃなく、誕生日や結婚記念日なんかの
イベント時のおやつも意外に低糖質でできるものなんですよね~。

これからも色々研究してみますね。

糖質制限ダイエットとGI値は関係ありますか?

糖質制限ダイエットと低インスリンダイエット、
似ているようで若干異なる部分がありますよ。

基本原則はまったく同じですし、
インスリンを上げにくい食材を食べるのが基本ですが、
糖質制限ダイエットのほうが簡単だと思います。

というのも、インスリンダイエットの場合には、
GIをしっかりと覚える必要がありますし、
食材の組み合わせを考える必要があるからです。

一方で、糖質制限ダイエットは、
市販されているもののほとんどが成分表示されていますし、
パッと見て糖質の有無がわかるので簡単だと思います。

以前、低インスリンダイエットを行なっていたので、
若干面倒に感じていたのが正直なところですね。

また、玄米などは糖質制限ダイエットだとNG、
低インスリンダイエットだとOKに含まれていますから、
これらの違いなども混乱させてしまう部分だと思います。

こうしたダイエット方法、
例えそっくりなものだったとしても、
混ぜないように注意したほうがいいですね。

混ぜてしまうと効果が薄れるだけでなく、
ストレスに感じて継続できなくなる可能性があるので、
どちらか一方を選択したほうがいいですよ。

僕も一番最初に行なったときに、
GI値などの無駄な知識が邪魔をしてしまい、
糖質制限ダイエットに失敗したことがあるので。

どちらもいいダイエット方法だと思いますから、
ご自身に適したものを選択してくださいね。

糖質制限ダイエットは一週間でどのくらい痩せますか?

糖質制限をしっかりと行うと、
一週間で3キロ程度落ちることがありますよ。

それ以上落ちる方もいるかもしれませんが、
この辺りは個人差がありますね。

僕達のように巨大なカラダをしていれば、
3キロぐらい簡単に落ちてしまいます。

でも、色々な方のブログを拝見させていただくと、
標準体重より若干上の方が糖質制限を行なっても、
同じように2キロから3キロほど落ちている方が多いですね。

運動をしっかりと行っていたり、
朝食前にウォーキングを行なっているような方は、
それ以上に体重が落ちている方もいらっしゃいました。

ただし、気をつけなければならないのが、
その後はゆっくりと体重が落ちていくことですね。

1周間で体重が三キロ落ちたんだから、
1ヶ月で10キロ以上落ちるんだな!!
と考えてしまうと失敗すると思います。

確かに他のダイエット方法と比較しても、
落ちるスピードは早いほうかもしれませんが、
同じスピードで落ち続けるような方法ではありません。

数日間まったく落ちなかったと思ったら、
ある日突然体重ががくんと落ちていった、
そんなことはしょっちゅうあります。

1キロ2キロ勝手に落ちることもありますし、
微妙に体重が増えることもありますよ。

自然な形で体重を落としていく方法、
それが糖質制限ダイエットだと思います。