糖質制限ダイエットではおでんを食べてはいけませんか?

おでんは、しっかりと食材を選ぶようにすれば、
糖質制限にとても適した料理になります。

糖質が多めに含まれているものもあるので、
選択するときに注意が必要になりますが、
それでも多くの食材が糖質が低めになっています。

つくね 0.3g
牛すじ 0.6g
たまご 0.9g
ソーセージ 1.3g
昆布巻き 1.4g
だし巻き卵 1.6g

といった感じでびっくりするくらい糖質が入っていません。

表記上ではしらたきやコンニャクの中に
炭水化物が2.6グラム入っていますが、
実際には食物繊維がほとんどです。

「糖質=炭水化物-食物繊維」という計算式があるので、
食物繊維が大量に含まれているほど、糖質は少なくなりますよ。

メーカーで区別明記してもらえるとありがたいのですが、
現状では、炭水化物、食物繊維などと表記されています。

気をつけなければならない食材は、
ちくわや巾着ですね。

特にちくわぶは、一個20グラム以上の糖質なので、
絶対に選んではいけないNG食材になりますよ。

見た目がフワフワしているようなものは、
ほぼ糖質が入っていると考えられるので、
そうしたものはカットしたほうがいいです。

それらをカットしたとしても、
15種類程度は食べることができるので、
普通のおでんと同じような形で食べれます。

味噌ダレなどに糖質が含まれていますから、
付け合せの味噌などは使わないほうがいいですね。

糖質制限ダイエット中はお好み焼きは食べてはいけませんか?

糖質制限された、糖質制限用のお好み焼きが売られているので、
それを食べると問題なく食べることができますね。

市販されているお好み焼き粉の中には、
大量の糖質が含まれていますから、
市販されているものは食べてはダメですよ。

以下のような栄養成分が含まれています。

お好み焼き一枚あたり
【カロリー】545キロカロリー
【タンパク質】19.7グラム
【脂質】22.9グラム
【炭水化物】60.3グラム
【食物繊維】?グラム

おこのみやき一枚でここまでの糖質ですから、
一枚だけでも糖質オーバーになってしまいます。

上記は中くらいのサイズのものですから、
大きくしたり複数枚食べていれば、
間違いなく太ってしまいますね。

しかも焼きそばなどと一緒に食べてしまえば、
本当にマズイ状態になるかと思います。

糖質制限の通販ショップでは、
糖質制限されたお好み焼き粉だったり、
焼きそばにそっくりなコンニャクが売られています。

お込み焼きはまだ食べたことがありませんが、
こんにゃく麺は、区別がつかないですね。

焼きそばにして食べたこともありますし、
ラーメンにして食べたこともありますが、
正直なところ、かなり美味しかったです。

数年前、ダイエットに取り組んでいたときに
市販されているこんにゃくを使って調理したときは、
とてつもなくマズイものができたので捨ててしまいました。

糖質制限ダイエットが普及するに従って、
便利なショップも増えてきていますから、
積極的に利用してみるといいですね。

糖質制限ダイエットではキムチを食べても大丈夫ですか?

キムチは発酵食品として腸内を整えてくれるので、
我が家でも定期的に食べることがありますよ。

少ない量かもしれませんが砂糖が使われていますので、
たくさん食べ過ぎると糖質オーバーになりますから、
この点は注意が必要になります。

以下のような栄養成分が含まれています。

100gあたり
【カロリー】46キロカロリー
【タンパク質】2.8グラム
【脂質】0.3グラム
【炭水化物】7.9グラム
【食物繊維】2.7グラム

1パックあたり500グラム位は入っているので、
あれを半分程度食べるような方だと、
間違いなく糖質オーバーになってしまいます。

というのも、僕はキムチが大好きなので、
昔は1パックの半分くらいは食べていたんですね。

カロリーはないと思い込んでいたし、
糖分も関係ないと思っていた時期なので、
「健康」というイメージだけで食べていました。

キムチ=健康的なものというイメージだったので、
太ることとは全く関係ないと思っていました。

仮に半パック食べていたとしたら、
その時点で20g程度は糖質が入っているので、
ご飯と一緒に食べれば間違いなく太りますよね。

今では小皿に分けるようにして、
決められた量だけを食べるようにしています。

パックのまま置いてあるとバクバク食べてしまうので、
必ず小皿に分けるようにして、自分に制限をかけて、
過剰な糖質にならないように注意しています。

食べすぎにさえ注意しておけば、
糖質制限中でも問題無いですよ(^O^)

糖質制限ダイエットでは果物は食べても大丈夫ですか?

果物中には糖質がたくさん含まれていますが、
果糖と呼ばれる特殊な糖質が含まれていますので、
適量であれば特に問題がないとされていますよ。

果糖は血糖値を上げにくいとされていますが、
過剰に摂取すると他の糖と組み合わさってしまい、
相乗効果で上げてしまうとも言われています。

本来なら血糖値を上げにくい食べ物なのに、
組み合わせによって上がりやすくなってしまうわけです。

だから、果物は難しいんですよね。

毎回、毎食のように食べ続けていれば、
果物自体が太る原因になる可能性もあるし、
糖質オーバーになってしまう可能性もあります。

食べてOKと書くと、バクバク食べる人も出てくるだろうし、
NGと書くと、ストレスを貯めて太る方も出てきます。

江部先生のサイトなどでも、
適量であれば問題無いと書かれていますが、
適量にも個人差があるので注意しなければなりませんね。

本当に減量を考えている方、
本気でダイエットをしたい方は、
いったんカットすべきだと思います。

「フルーツ=健康に良い」という概念はいったん置いておいてもらい、
まずは糖質を全てカットするような勢いで行なっていくと、
減量に成功しやすくなりますからね。

なんだかんだと言い訳してしまうのが、
間違いなく太った人の心理状況ですから、
そうした言い訳を防ぐのにも役立ちますし。

「フルーツOKって書いてあったじゃん!!」
みたいに、他の人のせいにしている人が、
昔の自分も含めて肥満体型の人に多いと思います。

心と体は密接に関わっていますから、
注意していただきたい部分ですね。

糖質制限ダイエット中に空腹感を満たすにはどうしたらいいですか?

糖質制限中に空腹感が発生した場合、
糖質制限された食べ物であれば
間食に食べても問題が無いですよ。

ボディビルダーの減量期には、
あえてカロリー制限されたものを食べることで、
脂肪をカットする減量法を実践することがあります。

カロリーが過剰になっていたり、
糖質が過剰になっているものは、
太ってしまうのでNGですね。

でも適切なものを間食として食べると、
その食材を消化するのにもエネルギーが使われて、
自然に体重が落ちることがあるんですね。

ボディビルダーはプロテインを飲むことが多いですが、
一般の方でしたら、チーズなどがオススメですね。

また消化するかどうかは分かりませんが、
コンニャク系のお菓子などを食べるのも
空腹感を満たすのに適しているとされています。

空腹のまま放置していると、
グッと我慢し続けていると、
筋肉が落ちる可能性もあります。

筋肉が落ちてしまえばエネルギー消費も悪くなり、
結果的に痩せにくく太りやすい体質になる可能性があるので、
この辺は注意が必要になってきますね。

カロリーコントロールしているスポーツ選手の場合、
嫌でも間食を行わせて、あえて食べることで
消費させていく人たちもいるくらいです。

糖質カットされた食品を、
軽く食べるようにすると空腹感も満たされるし、
カロリー消費される可能性もありますね。

糖質制限ダイエット中は調味料に気をつけなければいけませんか?

糖質制限中で気をつけなければならないのが、
「調味料は誤差」という言葉ですね。

この言葉に騙されましたね。

調味料は誤差という言葉が書かれていることがありますが、
それをそのまま鵜呑みにしてしまうと、
糖質過剰になってしまうことがありますよ。

嫁さんが初期の頃、
しょっちゅう調味料は誤差という言葉を使いながら、
ケチャップなどをたっぷり使用していました。

ケチャップの中には糖質がたっぷり入っていて、
それを大量に使っていたために、
体重が落ちにくかった時期があります。

まあ使いすぎた嫁さんが悪いとは思いますが、
調味料は誤差という言葉はすべての人に当てはまらず、
間違いなく調味料が糖質オーバーの原因となるケースもあります。

もし体重が落ちにくいなと思っている場合、
体重が減らなくなってきたと思った場合には、
一度、調味料をチェックしてみるといいですね。

焼肉のタレなどは糖質たっぷりですし、
ケチャップも問題がありますし、
中華系調味料も糖質が多めになっています。

塩や人工甘味料は特に問題がないですが、
他の調味料の中には過剰糖質のものも多いです。

健康なスリムな方は、
極端に調味料を使うことは少ないと思いますが、
もともと太めの方は過剰になっている場合も多いですよ。

味付けが濃いのが好きな方は、
特に注意が必要ですね。

糖質制限ダイエットで低血糖になることはありますか?

糖質制限を行い始めた初期の頃には、
正直なところ低血糖のような症状が出てきます。

これが果たして低血糖なのかはわかりませんが、
一時的に体がだるくなってしまって、
動きが悪化することがありましたね。

ぼーっとすることもありましたし、
なぜかやる気が出なくなることもあったので、
おそらく低血糖状態なのだと思っていました。

さらに、どうしても糖質を食べなければならない場合、
一気に糖質が体の中に入ってきてしまって、
同じような低血糖状態になったことがありますよ。

体への負担が大きくなっているというか、
動き出すのが億劫になったことがありました。

日常生活の中では気づきませんでしたが、
食後にこの症状がものすごく出てきましたので、
食後低血糖になった可能性があります。

通常時の糖質制限食の中では、
低血糖になることはありませんね。

血糖値チェッカーで調べてみても、
特に血糖値が下がりきっている訳でもないし、
体の負担は逆に減ってきていると感じています。

数字だけで表現できる部分ではないですが、
間違いなく体の調子は改善されていますね。

あと低血糖と勘違いされやすいのが、
カロリー摂取不足によって起こる症状ですね。

僕も初期の頃、しょっちゅう失敗していましたが、
過剰にカロリー制限を行ってしまうと、
間違いなく低糖質と同じ症状が出てきますよ。

糖質制限ダイエットでサンドイッチは食べても大丈夫ですか?

糖質制限中はサンドイッチは食べないほうがいいですね。

やはりパンの部分にたっぷりの糖質が含まれていて、
サンドイッチだけでも糖質オーバーになりますから、
気をつけなければなりませんよ。

コンビニで売られているものの中には、
カロリーはそこまでないにもかかわらず、
糖質が30gから40gほど入っていますから、
サンドイッチだけで確実に糖質オーバーになります。

チーズなどが入っているものであれば、
過剰な糖質オーバーにはなりませんが、
スイーツ系のものはやはり厳しいですね。

高野豆腐でサンドイッチを作る方法があるので、
もし食べたい方はそれを利用するといいと思います。

高野豆腐そのものに味をつけてしまうと、
高野豆腐が糖質を吸収してしまって、
糖質オーバーになる可能性もあるので注意してください。

糖質30gというと角砂糖10個ぐらい食べているのと同じなので、
どれくらいの糖質を食べているか実験したい方は、
一度角砂糖を一気に食べてみるのもいいかもしれません。

気持ち悪くてとても食べれたものではありませんし、
糖質が気持ち悪くなってしまうと思いますから、
体に対する悪影響の部分をよく理解できると思います。

自然派の健康食品として販売されているようなものでも、
糖質がたっぷり入っている可能性はありますから、
十分位注意してくださいね。

糖質制限ダイエットでの糖質の摂取量はどのくらいがベストですか?

糖質制限ダイエットを行なっている時、
糖質の摂取量は1食当たり20グラム以下に設定しています。

主食をカットするだけでも50gぐらい減りますから、
初めての方は、主食をカットすることから始めるといいですね。

そのあと、徐々に勉強を重ねていって、
何が糖質が入っているのか、
どんなものが糖質の塊なのかを
しっかりと調べる癖をつけるといいですね。

最初の頃は、覚えることがたくさんありますから、
正直なところ若干面倒な部分があります。

でも、しっかりと覚えてしまったり、
毎回調べることを癖にしてしまうと、
それが習慣化されて逆に調べないことがストレスになりますよ。

1日当たり60g以下に制限できれば、
ほぼ間違いなくダイエットは成功しますね。

過剰に食べ過ぎていれば別ですが、
一般的な量の食事量であれば、
ほぼ誰もが自然に改善されていくと思います。

日本では糖質制限ダイエットに逆風が吹いていますが、
国によっては、糖尿病学会そのものが
糖質制限ダイエットを推奨しているところもあります。

実践してみると分かりますが、
体がチューンナップされた感じになるというか、
体重以外の部分もパワーアップするような感じになります。

面白いくらいにライフスタイルが変わりますので、
これからも継続していきたいなと考えています。

糖質制限ダイエットではケンタッキーフライドチキンは食べてはいけませんか?

糖質制限を行っているのであれば、
ケンタッキーフライドチキンは食べないほうがいいです。

以下のような栄養成分が含まれています。

1本あたり
【カロリー】237キロカロリー
【タンパク質】18.3グラム
【脂質】14.7グラム
【炭水化物】7.9グラム
【食物繊維】?グラム

ケンタッキーのオリジナルチキン、
1本分(およそ90グラム程度)で
上記のような数値になっていますね。

一般の方がどれくらい食べるかは分かりませんが、
僕は以前は3本程度は確実に食べていました。

3本食べれば一気に糖質オーバーですし、
サイドディッシュを食べてしまえば、
間違いなく糖質オーバーになりますよ。

ケンタッキーの問題点は、
サイドディッシュの糖質ですね。

フィッシュサンドが45.6グラム、
ハンバーグサンドが38.4グラム、
フィレサンドが40.1グラム、糖質が入っています。

他のサイドディッシュも、
ほとんどのものが糖質たっぷりで、
中には50グラムを超えるものもあったりします。

フリフリポテトという商品に立っては、
56.0グラムもの糖質が含まれていますね。

デザート類も、30グラムから70g程度など、
過剰に糖質が含まれていますから、
間違いなく糖質制限には向きません。

ハッピーセットなどで購入する方もいるでしょうし、
ケンタッキー以外のものを一緒に食べる方もいるでしょうから、
本当に避けたほうがいいと思いますよ。

Sponsored Link