糖質制限ダイエットのとき、ペットボトル飲料は飲んでもいいですか?ペットボトル症候群

糖質制限を行ったほうが良い方の中に、
ペットボトル症候群の方がいらっしゃいます。

ペットボトルに入ったジュースなどを飲むことで、
急激に糖質が身体の中に取り込まれて、
インスリンがバンバン出てしまい、
体の機能が変化してしまった方のことですね。

あまりにも繰り返しジュースを飲んでいると、
糖質に対する耐久力が急激に低下してしまうので、
身体がボロボロになってしまいます。

夏になるとスポーツドリンクなど、
甘みの強いものをごくごく飲む方がいますが、
あれは非常に問題が出てきてしまいます。

もともと糖尿病の人にも問題だし、
健康上問題ない方が行っていたとしても、
一気に健康に影響が出てくるようになりますよ。

インスリンは、血糖値をコントロールする
血糖値の警備員のような役割をしています。

でも、あまりにも大量の糖質が、
毎日のように繰り返し入ってくると、
インスリンを放出する膵臓に疲れがたまり、
インスリンの生産が追いつかなくなることがあります。

本人は膵臓がボロボロになっているのは気づかないので、
そのままスポーツドリンクを飲み過ぎてしまって、
結果的に糖尿病まっしぐらになることがあります。

この状態をペットボトル症候群と呼びます。

糖質制限を行うことによって、
ペットボトル飲料を飲むことは制限されますし、
体の回復にもつながるとされていますよ。

ボロボロになってしまった機能は、
病院での治療が必要になりますから、
通院と併用することが必要になりますね。

あわせて読みたい