糖質制限ダイエットではケンタッキーフライドチキンは食べてはいけませんか?

糖質制限を行っているのであれば、
ケンタッキーフライドチキンは食べないほうがいいです。

以下のような栄養成分が含まれています。

1本あたり
【カロリー】237キロカロリー
【タンパク質】18.3グラム
【脂質】14.7グラム
【炭水化物】7.9グラム
【食物繊維】?グラム

ケンタッキーのオリジナルチキン、
1本分(およそ90グラム程度)で
上記のような数値になっていますね。

一般の方がどれくらい食べるかは分かりませんが、
僕は以前は3本程度は確実に食べていました。

3本食べれば一気に糖質オーバーですし、
サイドディッシュを食べてしまえば、
間違いなく糖質オーバーになりますよ。

ケンタッキーの問題点は、
サイドディッシュの糖質ですね。

フィッシュサンドが45.6グラム、
ハンバーグサンドが38.4グラム、
フィレサンドが40.1グラム、糖質が入っています。

他のサイドディッシュも、
ほとんどのものが糖質たっぷりで、
中には50グラムを超えるものもあったりします。

フリフリポテトという商品に立っては、
56.0グラムもの糖質が含まれていますね。

デザート類も、30グラムから70g程度など、
過剰に糖質が含まれていますから、
間違いなく糖質制限には向きません。

ハッピーセットなどで購入する方もいるでしょうし、
ケンタッキー以外のものを一緒に食べる方もいるでしょうから、
本当に避けたほうがいいと思いますよ。

糖質制限ダイエットで使えるコストコ商品とは?

僕はあまり行きませんが、嫁さんや嫁さんの家族が
コストコが大好きなので、たまにコストコの商品を買ってきます。

僕の住んでいる地方にはコストコがないので、
わざわざ遠征して買い物に行っているのですが、
以前はとんでもないものを買ってきていました。

ロールパンのたくさん入っているものだったり、
赤いグレープフルーツのパックされているものだったり、
トルティーヤなど完全に糖質オーバーのものを買ってきていました。

いくらやサーモンがたっぷりのって、
甘みの強いタレがかかっていたチラシ寿司など、
糖質をまったく考えていないものを買ってきていました。

どう考えても、肥満になる食べ物ですね。

そんな糖質制限に問題のありそうなコストコですが、
魚介類やお肉は、糖質制限に問題がありませんから、
こうしたものは購入することができますよ。

味付けされているものは問題がありますが、
味付けされていないものは、
ボリュームがあって、しかも安く売られていますから、
魚介類やお肉、チーズなどを購入するといいですね。

気をつけていただきたいのが
NAVERまとめでまとめられている商品の中に、
糖質が多めになっているものがあるので注意してください。

過剰に食べなければ問題ありませんが、
なぜかナッツが表示されています。

ナッツは糖質が少ないものの、
大量に食べる可能性があるものですから、
糖質制限中は気をつけたい食材のひとつですよ。

あとコストコの入口付近に、
コーラやホットドッグが売っていますが、
あれは絶対に購入してはダメですよ。

糖質制限ダイエットのとき、サイゼリアでは何を食べれば大丈夫ですか?

つい先日、サイゼリアに行く機会がありました。

かなり久しぶりに行ったので、
何を食べることができるのか不安でしたが、
しっかりと吟味したら糖質制限用のものがありましたよ。

僕は、海老のサラダとチキンのチーズ焼きを注文しました。

主食のお米は食べないようにしましたし、
付け合せのコーンやじゃがいもも食べないようにして、
チキンチーズをしっかりと食べるようにしました。

本当ならソースも糖質が入っている可能性があるので、
ソースも辞めたほうがいいのかもしれませんが、
ストレスになる可能性が高いですから、
調味料に関してはフリーで使うようにしています。

チーズはまったく問題がありませんから、
気にせずバクバクと食べていますよ。

えびサラダのほうも、ほとんど糖質が入っていなくて、
糖質制限ダイエットを行なっている方には、
とてもぴったりな食材だと思います。

糖質制限を行なっている友人も一緒に行きましたが、
彼は辛味チキンを食べていましたよ。

あれも糖質があまり含まれていないですし、
カロリーも制限されていますから、
糖質制限中に適していますね。

間違えてドリアを注文しそうになりましたが、
ドリアの中にはお米が入っているのを思い出したので、
すぐに別の料理を注文しました。

サイゼリアは安いファミレスですが、
糖質制限中でも問題なく使うことができますね。

糖質制限ダイエットのとき、スタバでは何を飲んでも大丈夫ですか?

スタバで糖質制限を行うのであれば、
サラダラップを注文するといいかもしれません。

小麦粉で野菜を巻いてある商品なので、
糖質が入っているのは間違いありませんが、
他のものを食べるよりは数段マシですね。

スタバにはケーキやパンのようなものが多いですから、
こうした食物繊維が多く含まれているものは、
あまり多く販売されていません。

チキンもたっぷり入っていますし、
チーズも入っていますから、
昼食代わりに食べるといいかもしれません。

当然、コレばかり食べ続けていれば、
糖質が入っているのは間違いありませんので、
スタバでどうしても食べたいときだけ行うといいですね。

飲み物は、コーヒーや単純なお茶のタイプ以外は、
すべて糖質がタップリと含まれていますから
飲まないようにしたほうがいいですよ。

僕は、キャラメルマキアートのグランデサイズか、
チャイティーラテのアイス、同じくグランデサイズを
ケーキと一緒にしょっちゅう食べていました。

今考えたら、とんでもない糖質量ですが、
カロリーは問題なさそうだから、
昼食代わりに食べていた時期があります。

完全に太りましたけどね(-_-;)

今振り返ってみると、カロリーではなく糖質が重要、
糖質が思い切り太らせているということを、
身をもって経験してきたことになります。

太ってきたのも運動不足のせいにしたり、
加齢によって代謝が悪くなったのでは、など、
色々な言い訳をつけてきたのに気づきました。

糖質カット、ものすごく重要ですね。

糖質制限ダイエットのとき、セブンイレブンでオススメの物はありますか?

僕は昼食にセブン-イレブンに行くことがあります。

糖質制限を専門的に行なってはいませんが、
糖質がもともと入っていないような食品が、
数多く販売されていますよ。

以下のようなものが糖質が含まれていません。

■ゆでたまご
コンビニのゆでたまごを色々食べ比べてみましたが、
セブンイレブンのゆでたまごが一番美味しいです。

しかも糖質がほとんど入っていませんから、
ゆでたまごを主食代わりに食べることがありますよ。

意外とカロリーもしっかり入っていて、
ビタミンなどの栄養素も入っていますから、
万能な食材だと言われています。

コレステロールを気にする方からしたら、
なぜか目のかたきにされている食品ですが、
コレステロールは体に必要なものなんですけどね。

■サラダチキン
これまたセブン-イレブンのものが一番美味しいです。

パック詰めされている鳥の胸肉が
ちょうどいい感じに味付けされた商品ですが、
まったく糖質が含まれていないんですよね。

ボディビルダーの友人なんかも、
積極的に食べることが多い食材です。
プロレスラーなんかも利用していますね。

■豚しゃぶサラダ
400円位で売られている豚しゃぶがのった
とても美味しいサラダが売られていますが、
これも糖質があまり入っていません。

鶏肉のものも売られていますが、
揚げられている分、糖質が多くなっているので、
僕は豚しゃぶサラダを購入することが多いです。

■おでん
おでんは、しっかりと食材を選べば
とても重要な糖質制限食になりますよ。

練り物などは小麦粉が入っているので、
あまり多く食べることはできませんが、
牛すじや卵、しらたきは最高の食材ですね。

地域によっては味噌だれがついていますが、
あれは糖質オーバーになるので要注意です。

■水煮
鯖の水煮など、味あまりついていないような
缶詰は、タンパク質が豊富であるにも関わらず、
ほとんど糖質が入っていませんよ。

健康的にはマイナスイメージなので、
あまりたくさん食べることはありませんが、
たまに購入することがあります。

他にもいろいろなものが売られていて、
最近では夕食に力を入れているコンビニなので、
成分表をチェックしていくと思わぬものが見つかりますよ。

糖質制限ダイエット中、飲み会では何を食べれば?

僕は仕事柄、飲み会にしょっちゅう行きますが、
大きな飲み会のときは、タンパク質が多く含まれているもの、
友達同士の飲み会の場合は、料理を自分で選択するようにしています。

仕事の関係で飲みに行くとき、
特にコース料理として出てくるとき、
どうしようもないケースも多いですよね。

友達だったら気軽に「ダイエット中だから」といえますが、
大事な取引先の方の前ではちょっと言いにくいと思います。

教科書的には、糖質の含まれていない料理、
焼き鳥であればタレではなくて塩を選ぶ、
といったものが推奨されていますが、
時と場合によっては相当厳しい時もあると思います。

そんなときは、僕は食べる順番を変化させています。

どうしても糖質を取らざる負えない状況のときは、
糖質が身体の中に入ってくる順番を遅くして、
できるだけ血糖値を上げないように心がけています。

具体的には、先に野菜を沢山食べることです。

食物繊維の入った物を先に食べておくことで、
後から入ってきた糖質の吸収を遅くすることができ、
結果的に血糖値の上がりをコントロールできます。

糖質制限を行うときよりは上がってしまいますが、
何も考えないで食べるよりは、
確実に血糖値コントロールを行うことができます。

先に野菜などの食物繊維を食べる、
大事なお酒の席では、これを心がけると良いと思います。

糖質制限ダイエットのとき、マック(マクドナルド)で食べるものはありますか?

マクドナルドは、糖質制限ダイエットには
完全に不向きなファーストフード店ですよ。

すべての商品に糖質が含まれていて、
どれを食べても過剰になる可能性がありますから、
気をつけて食べる必要がありますね。

しいて言えば、チキンナゲットが
若干、糖質量は少ないかもしれません。

5ピースあたり
【カロリー】280キロカロリー
【タンパク質】14.1グラム
【脂質】18.9グラム
【炭水化物】13.1グラム
【食物繊維】?グラム

他の製品は、パンズの中にもたっぷりの糖質、
ハンバーグの部分にもたっぷりの糖質、
ソースの部分にもたっぷりの糖質が入っているので、
完全に糖質オーバーの食事になってしまいます。

チキンナゲットだけは、
若干、若干糖質が少ないですから、
チキンナゲットを選択するといいかもしれません。

でもチキンナゲットを単独で食べる方は、
そこまで多くいらっしゃらないと思うんです。

ほとんどの方がセットメニューに付け足したり、
飲み物と一緒に頼むと思うので、
そちら側から完全な糖質オーバーになりますね。

経営の立場からマクドナルドをチェックすると、
やはり糖質を多く利用することによって、
お客さんをうまくリピートさせていますね。

特に、糖質に対して耐久力の低い子どもたちは、
マックのような糖質多めの食事を食べると、
そればかり食べたくなるような脳の構造をしています。

お子さんにたっぷりの糖質を食べてもらうことで、
それにくっついてくる親御さんにも食べてもらって、
リピート化して収益化しているのがすごいですね。

昼食にマックだけ食べる大人もいますが、
安いのはたしかに助かるかもしれませんが、
ブヨブヨになる可能性を秘めていますよ。

糖質制限ダイエットでは、どこへ外食すると大丈夫ですか?

糖質制限中に、どうしても外食したいと思った場合には、
我が家では、しゃぶしゃぶの食べ放題、焼肉屋さん、
そしてペッパーランチに行くようにしています。

すき家の糖質制限されたご飯が豆腐になっている、
名前が分かりませんがあのメニューもいいですね。

どれも、糖質制限を徹底的に行いやすく、
しかも手頃な値段で食べることができますから、
ダイエット中の僕達には最高のお店だと思います。

タレを考える必要がありますし、
お米などもグッと我慢する必要がありますが、
それでもお腹いっぱい野菜とお肉を食べれるのがいいですね。

糖質制限をスタートさせた初期の頃に、
航したお店に行ってしまうと、
お米を我慢できなくなって食べてしまい、
自暴自棄になる可能性があるので注意してくださいね。

糖質制限をどれくらいの期間行なってきたかで、
お米などの主食に対する感情が大きく変わりますから、
最初の頃は、グッと我慢して行かないほうが良いと思います。

2ヶ月位経過してからこうしたお店に行っても、
主食を抜くのが当たり前になっていますから、
どうしても食べたいという気持ちは抑えられると思います。

ペッパーランチなんかは、
お肉と野菜だけのメニューもできるので、
手軽な外食としては最高のお店だと思います。

地方だとショッピングセンターの中にしかありませんが、
都市圏だったら、そこら中にあると思うので、
ダイエット中に適しているお店だと思いますよ。

糖質制限ダイエットのとき、どんな出前・デリバリーが適していますか?

僕が出前を頼むときに多く注文しているのが、
ガストのメニューですね。

ガストのステーキやチキングリルのセット、
あれを注文することが多いですよ。

もったいないですが、宅配が届いた瞬間に、
お米を捨てるようにしています。

現在はどうなっているか知りませんが、
単品のステーキやグリルが以前はなかったので、
セットメニューで届くようなものしかありませんでした。

お米が届いても我慢できるくらい意志が強い方なら、
わざわざお米を捨てる必要はないと思いますが、
意志の弱い僕は、お米を捨てるようにしています。

経済的には完全にもったいないですし、
道徳的にも問題のある行為ですが、
自分の健康を最重要視しているからですね。

どれだけ道徳心があったとしても、
肥満で死んでしまうのが何よりも嫌なので。

他のファミレスでも同じようなものがあったり、
単品で注文できるところもあると思うのですが、
僕のような田舎に住んでいると、そもそもガストしかないんです。

以前はすかいらーくなどもありましたが、
お客さんの数が少なすぎたためか潰れました。

おそらく、東京などでは糖質制限されたものも
宅配サービスでデリバリーされると思いますし、
ファミレスの種類も多いと思います。

地方に住んでいらっしゃる方でしたら、
ガストのメニューが食べやすいと思います。

あと、糖質制限食というか、
糖尿病食を頼んでみたこともありますが、
あれはあまり美味しくなかったので活用していません。

病気になってしまった場合には食べる必要がありますが、
糖質制限ダイエットのときには、糖尿病食は合わないですね。

糖質制限ダイエットのとき、ビュッフェでは何を選べば大丈夫ですか?

ショッピングセンターに行ったときに、
ビュッフェがあるので食べることがあります。

海外旅行に行ったときにも、
朝はバイキングビュッフェになっているので、
そこでも料理を食べることがほとんどです。

ホテルビュッフェの場合は、
とても簡単に糖質制限することができますよ。

ホテルビュッフェの場合は、
朝からステーキなんかもありますし、
卵も食べ放題というか好きなように焼いてくれます。

ソーセージやハムなんかも種類が多いですし、
野菜の量もかなり揃っていますから、
ドレッシングの量だけ気をつければ問題ないですね。

気をつけなければならないのが、
主食が多いことですね。

ホテルビュッフェの場合はそこまで多くありませんが、
一般的なビュッフェの場合には、炭水化物のほうが
コストがかからないので糖質が多くなっています。

パスタもそうだし、ピザもそうだし、
お米もそうだし、うどんなどもそうなのですが、
すべてコストがかかりにくい炭水化物ですね。

美味しいから習慣化できますし、
腐りにくいので放置しておいても大丈夫ですし、
何よりも小麦粉自体料金が安いのでよく使われています。

経済的な面も関係しているので、
一概には言うことができませんが、
高めのビュッフェの方が糖質制限しやすいです。

ピザの食べ放題、パスタの食べ放題など、
安い値段のところに行くと糖質オーバーになりますね。

日本ではなくアメリカの話になってしまいますが、
低収入の人ほど、肥満が多いというデータが出ています。

低収入の人ほど、高タンパクのものを食べれないので、
必然的に炭水化物の多いものを食べるようになってしまい、
結果的に肥満体型につながるという論文ですね。

たしかに、当てはまる部分がありそうです。