糖質制限ダイエットでは塩分は気にしなくていいの?

糖質制限中であったとしても、
塩分は別問題だと思いますから、
気にしていったほうがいいですよ。

血管をボロボロにしてしまう二大巨頭が、
糖質と塩分だと個人的に思っているので、
塩分の対策も行える方は行うといいですね。

ただし、市販のものを食べるような生活だと、
どうしても塩分が大量に含まれてしまいます。

血液中にミネラルが過剰になってしまって、
血管内からダメージを与えることになります。

塩分が血管内に入っていると、
脳みそからしたら邪魔な存在なので、
どうにかして外へ排出したくなるんですね。

すると血液量を大幅に増加させて、
一気に外へ放出させようとしてきます。

まるでダムの放水を行うかのように、
心臓から送り出される血液量が増えます。

一時的に血液量が増えるのは問題無いですが、
常に増加し続けると、血管を圧迫してしまい、
高血圧が誕生します。

なかなか塩分まで気がまわらないことが多いので、
僕たちは、ミネラルウォーターを飲むようにしていますよ。

カルシウムがしっかりと入ったものだと、
血液中の塩分とくっついて便と一緒に
外へ排出されやすくなりますから、
ミネラルウォーターを補給しています。

僕はアルカリイオン整水器を使って、
水とミネラルを同時に取るようにしています。

この生活を続けてからというもの、
腎臓が悪化したこともありませんし、
高血圧になったこともありません。

逆に健康診断のすべての数値が、
正常値内に当てはまるようになりました。

あわせて読みたい