糖質制限ダイエットと喉が渇くのは関係ないですか?

糖質制限ダイエットを行なっていて、
しばらく経過してから喉が渇くようになりました。

いろいろな説があるようですが、自分の場合は、
水分量が減ったことよるものだと思います。

糖質が多く入った食品の中には、
水分がたくさん含まれていることが多いです。

蛋白質や脂質中心の食事の場合、
そこまで水分は多く含まれていないので、
自然に水分不足になった可能性がありますね。

特に眠気が襲ってきたこともありませんし、
血糖値なども正常値に当てはまっていたので、
水分量との兼ね合いが最も当てはまるかと思います。

お米も水をたくさん吸い込んでいますし、
そばやうどんも水をたくさん使っているので、
食べているだけで水を摂取することにつながります。

パンも水分がたくさん含まれていますし、
小麦粉を使った製品は水が多く含まれます。

日常的に食べていたものの中から、
糖質制限を行うことによって、
自動的に水分もカットされるようになり、
自然に喉が渇くようになったと思います。

脂肪を燃焼するときにも使われるようですし、
その他のエネルギー消費の中でも
水が大量に使われるようですね。

いろいろな健康法があるので、
ご自身で選択する必要がありますが、
僕は1日2リットル以上水を飲むようにしています。

色々な方のダイエットに成功している人の共通点に、
水をたくさん飲むというものがありましたから、
積極的に習慣に取り入れていますよ。

あわせて読みたい