糖質制限ダイエットのとき、中華は食べても大丈夫ですか?

中華料理は、糖質が多めの食材が使われていますし、
調味料の中にもタップリと糖分が含まれていますから、
あまり手を出さないほうがいいかもしれませんよ。

自宅で糖質制限のことを考えて作ったものなら、
特に問題なく食べることができると思います。

でも、外食で中華を選択してしまうと、
ほぼ間違いなく糖質オーバーになりますね。

特に気をつけなければならないのが、
中華特有の味付けをしている調味料です。

僕が一番びっくりしたのが、
トウチジャンの糖質量です。

少量を使う分には問題無いと思いますが、
100グラム換算で20グラムオーバーになっているので、
使いすぎると糖質オーバーになりますね。

バンバンジーなど糖質がほとんどないもので、
タレも糖質制限したものを自分で作れば、
普通に食べることができます。

チャーハンだったり、甘みが強すぎる料理ばかりだと、
想像以上に糖質オーバーになりますよ。

北京ダックも相当オーバーしていますし、
小麦粉を使った料理も多いですから、
外食としてはあまり使わないほうがいいかもしれません。

バンバンジーばかり食べれる人であれば、
行くのも問題無いと思いますが、
春巻きとか餃子とかチャーハンとかラーメン、
こうしたものを食べたい方は我慢して下さいね。

あわせて読みたい