糖質制限ダイエットでも惣菜は食べても大丈夫ですか?

市販されているお惣菜をそのまま食べてしまうと、
糖質がたっぷり入っている可能性が高いので、
しっかりと吟味する必要がありますよ。

お惣菜を売っているということは、
スーパーやお惣菜屋さんだと思いますが、
経営の観点からしたらリピートしてもらう必要があります。

美味しいものをたくさん食べてもらって、
また買いに来てもらう必要がありますよね。

どれだけ美味しいものを提供しても、
一回で終わりになってしまうのであれば、
間違いなくお店は潰れてしまいますから。

リピートをしてもらうためには、
安くて手軽で美味しいものを提供して、
繰り返し利用してもらう必要があります。

お肉や魚では原価が高くなるし、
油ばかりでは旨味がありませんから、
必然的に糖質の量が多めになってくるんです。

コストも安いし旨味の強いものとなると、
糖質しか残されていないんですよね。

だから糖質がたっぷり入っているものが、
自然に並んでしまうんです。

スーパーのお惣菜売り場を覗いてみると、
ほぼすべての商品が糖質が入っていて、
小麦粉などが大量に使われていますね。

もしお惣菜を購入するのであれば、
小麦粉が使われていないものを選ぶ、
というポイントを覚えておくといいですね。

だし巻き卵にも糖質が入っていますが、
揚げ物の糖質よりは少ないことがほとんどです。

鶏の照り焼きなども糖質が入っていますが、
揚げ物よりは、はるかに少ない糖質量です。

小麦粉を使っているものを排除する、
という観点で選ぶようにしていけば、
過剰な糖質は防げると思います。

それでも糖質は多めに入っているのがお惣菜の特徴なので、
できる限り利用しないようにしたほうがいいですね。

もし時間的に難しい場合には、
糖質制限の通販食を利用して、
時短料理を作ると良いと思います。

あわせて読みたい