糖質制限ダイエットのとき、ビーフンは食べても大丈夫ですか?

ビーフンは、糖質制限ダイエットを行なっているときには、
摂取NGの厳禁食材の一つです。美味しいですけど、残念。

以下のように大量の糖質が含まれています。

100gあたり
【カロリー】377キロカロリー
【タンパク質】7グラム
【脂質】1.6グラム
【炭水化物】79.9グラム
【食物繊維】0.9グラム

100gあたり80グラム近い糖質が含まれているので、
これは相当気をつけなければならない食材です。

ビーフンは米を加工して作られている食品で、
お米よりもカラダへの吸収率が高いとされています。

エネルギーになりやすいのは間違いありませんが、
吸収率が圧倒的に早いということは、
血糖値を上げるスピードも相当早いということです。

ぐんぐん血糖値が上がっていって、
過剰にインスリンが出されるようになってしまい、
結果的に身体中ボロボロ・ブヨブヨになってしまいますね。

実際のところ、ビーフンって、
なんとなく健康的なイメージがありました。

中華料理で食べることが多いですが、
調味料の味を一気に吸収していながらも、
しつこくない感じで僕は大好きな食材でした。

でも家庭で調理したことがありませんし、
調理方法をよく分かっていなかったので、
糖質制限ダイエットを行なってからは食べていません。

習慣的に食べていた方だったら、
ちょっと制限するのが難しいかもしれません。

「カラダへの吸収率が高い」と書かれている食品、
ビーフン以外にもたくさん存在していますが、
こうした食品は気をつけたほうが良いと思いますよ。

あわせて読みたい