糖質制限ダイエットでは主食は食べても大丈夫ですか?

一般的に主食と呼ばれているものをカットするだけでも、
体重が下がる人がいるくらい主食には糖質が含まれています。

お米にもたっぷりだし、
おそばにもたっぷり入っているし、
他にも主食と呼ばれているものには、
相当の糖質が含まれていますね。

海外で食べられている主食の中にも、
じゃがいもなどのイモ類がありますが、
こちらも糖質はかなり多く含まれています。

もともと原始時代の頃、
糖質に出会うのはまれなことでした。

木の実の中にはタップリと糖質と油が入っていて、
遭遇すると大喜びでエネルギーを蓄えることになり、
身体の中に栄養をまとめていく形になりました。

原始時代であれば飢餓が続きますから、
しばらくするとエネルギーは消費されていきます。

でも、現代社会においては、
どう考えたって原始時代よりは動かないですし、
毎食のようにエネルギーを補給できるようになりました。

政府の食料政策によって、
お米の自給率を上げることによって
農業で働く人を増やすようにしました。

牛乳業界も同じですね。

これによって、学校給食には必ずお米と牛乳が入って、
日本の主食は「お米」というインプットを行いました。

子供の頃から食べ続けているわけですから、
それが標準・スタンダードになるので、
インプットされていることなどわかりません。

制限できる人だったら問題無いですが、
主食はとても甘みが強くて美味しいですから、
過剰に食べてしまった方が太りやすくなっています。

いまだにお米に対する政策は根強いですが、
TPPによってどのような状況になるのでしょうか?

あわせて読みたい