糖質制限ダイエットのとき、野菜ジュースは飲んでも大丈夫ですか?

野菜ジュースは健康的なイメージがありますし、
僕も以前、一日に何本も飲んで満足していました。

野菜を食べる習慣があまりなかったので、
栄養補給の観点から野菜ジュースをたくさん飲んでいました。

まさか、それが肥満の原因だとも思わずに…。

以下のような栄養成分が含まれています。
伊藤園の野菜ジュースを参考に書かせていただきます。

コップ1杯(180ml)当たり
【カロリー】75キロカロリー
【タンパク質】1.7グラム
【脂質】0グラム
【炭水化物】14.5グラム
【食物繊維】3グラム前後

かなりの糖質が入っていることがお分かり頂けますね。

野菜ジュースを健康のためにたくさん飲んでいたのですが、
結果的に糖分を大量にとっていたことになります。

おそらく一日あたり500ミリリットルは飲んでいたと思うので、
この計算から行くと、50g位の糖質を
野菜ジュースだけで摂取していたことになりますね。

これではどう考えても体重は増えていきますし、
インスリンもバンバン出されてしまって、
体に悪影響になってしまうことが考えられます。

市販されているものではなくて、
低速ジューサーで作るものであれば、
ここまで多くの糖質は入らないと思います。

健康な方が、健康のために行うなら、
野菜ジュースは適している飲み物だと思いますが、
糖質制限ダイエット中の方は飲まないことをオススメします。

糖質制限ダイエットのとき、ゼロビールは飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限を行なっているときには、
糖質ゼロのビールであればゴクゴク飲めますよ。

最近のものはプリン体もゼロになっていて、
しかも美味しく作られている物が多いですから、
お酒好きの方にはありがたい時代になったものです。

僕もお酒が大好きですし、
ビールを飲むこともありますから、
こうしたビールは本当にありがたいですね。

以前のように、完全に発泡酒チックなものではなく、
ビールの味に限りなく近いようなもの、
ビールの雰囲気に限りなく近いものが出ているので、
本当にありがたく飲ませてもらっています。

プリン体ゼロのものが効果があるかは知りませんが、
少なからず糖質制限ダイエット向きの飲み物です。

問題は、居酒屋にあまり置いてないんですよね。

東京などの大都市圏の居酒屋だったら、
きっと置いてある所もたくさんあるでしょうが、
僕が住んでる地方では、殆ど置いてないんですよ(-_-;)

だから、居酒屋に行ったときにはビールは飲めず、
焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を飲んでいますよ。

本当はもっと普及が広がっていって、
糖質ゼロのビールが飲めるとありがたいのですが。

各メーカーとも、もっともっと営業を頑張ってもらって、
もっともっと多くの場所で飲めるようになったら、
僕達には本当にありがたいことだと思います。

こうして書いていたら喉が乾いてきたので、
家に帰ったら早速一杯やりたいと思います(^O^)

糖質制限ダイエットのとき、ビールは飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限されている糖質オフのビールであれば、
ガンガン飲んでしまっても大丈夫だと思いますが、
一般的なビールは間違いなく問題がありますよ。

代表的なビールの成分症として、
アサヒスーパードライを挙げさせていただきます。

アサヒスーパードライ(100mlあたり)
【原材料】麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
【アルコール度数】5%
【カロリー】42kcal
【タンパク質】0.2~0.4g
【脂質】0g
【炭水化物】3.0g
【食物繊維】0g

気をつけなければいけないのが、
100mlあたりの数値だということですね。

普通の缶を飲んだとしたら10グラムの糖質が、
500mlの感を全てのんだとしたら15グラムの糖質が、
ビールの中にはタップリと含まれています。

食物繊維が含まれているかと思いましたが、
0グラムから1g未満しか入っていません。

他のビールもほとんどが100ミリあたり3.5グラム前後で、
飲めば飲むほど糖質がたまっていくようになります。

当然、おつまみを食べることはあるでしょうから、
ビールの糖質と一緒にカロリーオーバーになることで、
太りやすくなってしまいますね。

各メーカーから糖質ゼロと書かれているものが出ていますが、
それだったら本当に糖質ゼロですから、
ガンガン飲んでも大丈夫ですね。

僕もボールが大好きなので、
糖質ゼロのものを飲んでいますよ。

糖質制限ダイエットのとき、バーでは何を飲めば大丈夫ですか?

僕はお酒が大好きなので、飲みに行った時にも
何件もはしごして最後にバーに行くことがあります。

僕の行くバーのバーテンダーさんは、
糖質に関してしっかりと勉強している方なので、
糖質制限されたお酒を薦めてくれますよ。

おそらくほとんどのバーテンダーさんが、
糖分が入っているものと入ってないものの違いを
しっかりと把握していると思います。

焼酎類(芋焼酎、米焼酎など)
スピリッツ(ジン、ウイスキー、ウォッカ、ブランデーなど)
ワイン(辛口)
糖質カットのお酒(サントリー オールフリー、アサヒ スタイルフリーなど)

このあたりは、まず間違いなく糖質制限に向いています。

これをメインに使った飲み物で、
フルーツやリキュールを使わないものを注文すると、
美味しいうえに糖質制限された飲み物になりますよ。

僕はマティーニが大好きなのですが、
マティーニは糖質がほとんど含まれていないので、
糖質制限向きのカクテルになります。

ブラッディメアリーなんかも、
糖質がほとんど含まれてい無いので、
好きな方は飲むといいと思います。(僕は好きではないです。)

気をつけなければなら無いのが、
トニックウォーターの存在です。

トニックウォーターって、
糖分が入ってなさそうなイメージですが、
実際にはたっぷりの糖分が入っている飲み物です。

トニックウォーターを使用したカクテルは多いですから、
これらは注文しないほうがいいですね。

いずれにしても、バーテンダーさんと相談しながら作ってもらうと
糖質制限されたお酒をいくつも飲めると思います。

糖質制限ダイエットのとき、グリーンスムージーは飲んでも大丈夫ですか?

グリーンスムージーは、健康の面・酵素の面から考えたら
とても優れた飲み物だと思いますが、
糖質制限ダイエットの観点からは注意が必要です。

まず、大量にフルーツを使用する場合、
間違いなく糖質オーバーになってしまいます。

フルーツにも大量に糖質は含まれていますから、
気をつけなければ異常なまでの糖質摂取になり、
インスリンがバンバン出る可能性もあります。

さらに、できるかぎり美味しく飲もうと思って、
人参など甘みの強い野菜を大量に入れてしまうと、
こちらも糖質オーバーになってしまいます。

野菜には一見すると糖質が入っていなそうで、
実はかなり糖質が含まれているものもありますから、
もし飲むのであれば、一種類ずつ栄養成分をチェックして
糖質をオーバーさせないような心がけが必要になります。

よくある間違いとして、
健康情報を2つ組み合わせて失敗することです。

糖質制限とグリーンスムージーなど、
お互いに反対側の理論のものを組み合わせてしまい、
結果的にうまく行かなくなるケースが多いです。

糖質制限ダイエットは、
他の健康法と組み合わせにくい方法なので、
一本化して実践したほうがいいと思います。

お店で絞られるスムージーの中には、
甘みを出すために砂糖や蜂蜜が入っていて
さらに過剰な糖質となるケースもあります。

決して悪い食品ではありませんが、
注意が必要になってきますよ。

糖質制限ダイエットのとき、プロテインは食べても大丈夫ですか?

僕はもともとスポーツを行い続けてきたので、
筋肉に対する知識はかなり多いかと思います。

糖質制限ダイエットを行うときに、
プロテインはとても有効に働きますよ。

一般的に飲みやすいものを購入されるのであれば、
ホエイプロテインのものを購入するといいですね。

糖質もほとんど含まれていませんし、
明治や森永などから出ているものだと
チョコレート・ココアみたいな美味しいものもあります。

DHCのものも飲んでみたことがありますが、
あまり美味しくなかったイメージが強いです。

ただし腸内環境の問題から言えば、
ホエイプロテインの飲み過ぎは悪影響なんですね。

宿便や腸憩室などの面から考えると、
長期的に飲み続けるのは好ましくないと思います。

糖質制限ダイエットを行いながら、
筋トレやスポーツを行なって絞りたい場合は、
健康面から考えると玄米プロテインが最高です。

腸内環境を改善してくれるプロテインですし、
タンパク質の含有量・吸収率も高いものですから、
運動しながら痩せたい方には最適のものだと思います。

ただし、女性のかたの多くが間違ってしまっている、
プロテインを一食置き換えて行うようなダイエットだと、
ストレスが溜まる可能性が極めて高いと思います。

プロテインは、もともと置き換えるための食品ではなく、
スポーツ選手が効率的に栄養補給を行うために、
足りない栄養成分を補うものです。

過剰に摂取すれば太りますし、
置き換えダイエットで使用すれば、
ほぼ間違いなくリバウンドします。

糖質制限ダイエットのとき、ペプシは飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限を行なっていて甘いモノが大好きな方は、
ペプシのダイエットコーラは有効活用してくださいね。

糖質制限されていない普通のペプシコーラだと、
砂糖水に着色・香料追加しているだけの状態なので、
間違いなく糖質オーバーになってしまいます。

ボトルに表示されている適量であれば、
糖質制限ダイエットに十分使えると思います。

僕の個人的な感想ですが、
痩せている人ほどあまり飲んでいない印象があって、
太っている人ほど「0カロリーだから」という理由で
多くの人が飲んでいる飲み物だと思います。

糖質制限を行なっている人なら問題無いですが、
一般的な食生活のまま炭酸飲料を飲んでいると、
炭酸の刺激で食欲が増してしまって、
糖質&カロリーオーバーになることもありますね。

炭酸が喉の部分を刺激すると、
喉の粘膜を別の刺激で抑える必要があるので、
「たくさん食べなさい」という指令が出るようになります。

痩せたくて飲むはずなのに、
逆に太ってしまう人もいる飲み物なので、
いくら糖質0でも注意してくださいね。

アメリカでは人工甘味料に対して
しっかりと許容量が示されていますから、
たくさん飲み過ぎるのは要注意です。

日本の厚生労働省では、
いったいどんな制限をしているのでしょうか??
それとも、まったく制限をかけていないのかな??

もし制限をかけていないようなら、
とても怖い話だと思います。

糖質制限ダイエットのとき、lg21は飲んでも大丈夫ですか?

もともと僕自身、便通があまり良くなかったので
積極的にlg21を飲むようにしていました。

普通のlg21だと糖質が多すぎてしまって
糖質アップになってしまう可能性がありますから、
糖質制限されているものを飲むようにしています。

データを見るだけだと、以下のようになっています。

エネルギー 56kcal
たんぱく質 4.0g
脂質 1.6g
糖質 10.6g
食物繊維 0.9g
ナトリウム 56mg
カルシウム 135mg
ショ糖 0

パッと見ると糖質が10グラム以上入っているので、
どう考えても糖質制限向けではないのですが、
しっかり計算すると糖質制限向けの食材になります。

カロリーが低めで、
タンパク質量・脂質が多めに入っているものは、
たとえ糖質の表示が多めにされていたとしても
糖質制限に適している場合があります。

炭水化物1gあたりのカロリー=4Kcal
タンパク質1gあたりのカロリー=4Kcal
脂質1gあたりのカロリー=9Kcal

このあと複雑な計算を行うと、
lg21には血糖値を上げる糖質が
およそ4g入っていると計算できます。
(参照:http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1092.html)

困った時には江部先生のサイトをチェックすると、
わからないことを解決することができますね。

冒頭にも書きましたが、一般的なlg21は
糖質が多すぎて糖質制限には向いていないので、
こちらは食べないように注意していただきたいと思います。

糖質制限ダイエットのとき、vaam(ヴァーム)は飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限ダイエットを行なっているのであれば、
vaam(ヴァーム)は飲まないほうがいいと思いますよ。

一般的なバームの栄養素はこちら。
1本(200ml)当たり・脂質 0g・エネルギー 50kcal・炭水化物 9.7g・たんぱく質 2.9g・ナトリウム 115mg

ヴァームゼリーの栄養素
1個(180g)当たり・糖質 14g・エネルギー 32kcal・食物繊維 0.8g・たんぱく質 1.8g・ナトリウム 55mg・脂質 0g

どちらもカロリーは低いかもしれませんが、
糖質(炭水化物)の部分がガッツリと含まれているため、
糖質制限ダイエット中の方には適していませんね。

ヴァームだけを摂取するにしても、
血糖値が急激に上る可能性があるため、
気をつけなければ習慣化される恐れがあります。

脂肪を燃焼する効果はあると思いますが、
糖質が気になる方は避けたほうがいいですね。

バリン、ロイシン、イソロイシンといった
必須アミノ酸と呼ばれるものが含まれていますが、
糖質ゼロのアミノ酸系サプリメントも販売されているので、
そちらを使用したほうがカラダには良いかと思います。

食事と一緒にヴァームを使用している場合、
確実に糖質オーバーへとつながってしまいますから、
もし飲むのであれば、食間で運動前に飲むといいですね。

糖質を補給して血糖値が上がった分だけ、
しっかりと運動を行って解消していけば、
特に問題ないかと思います。

糖質制限ダイエットのとき、0カロリー飲料は飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限になったとき、自分はあまり0カロリーの飲み物を飲みませんが、
嫁さんはダイエットコーラなどを飲むことがありますよ。

人工甘味料のアステルパームが入っているので、
習慣的に飲み続けるのは問題がありそうですが、
それ以上に一般的な糖質を摂取し続けることのほうが害はあると思います。

また0カロリーの飲料の中でも、
まったく添加物が入っていないようなものは
積極的に飲んでいくといいと思います。

僕自身は、アルカリイオン浄水器を購入して、
自宅と職場の両方においてあるので、
それをこまめに飲むようにしています。

前よりも確実に便通が良くなりましたし、
糖質制限との併用によって肌はかなり改善されました。

もともと乾燥肌と脂性肌の混合タイプだったのですが、
顔全体がしっとりした感じになりながらも、
油っぽくないような状態になりましたね。

嫁さんも、糖質まみれの時代のときには、
常にアトピーのようなものが出ていましたし、
お腹の部分にも湿疹が大量に出ていました。

それが改善されてきているのは間違いありません。

長期間の継続は不適切だと思いますが、
ココぞというときに飲むようにしたり、
どうしても飲みたいときに飲むといいと思います。

「0カロリー」が重要なのではなく、
「糖質制限された飲み物」が重要ですよ。