糖質制限ダイエットのとき、りんごは食べても大丈夫ですか?

りんごの中には100gあたり13グラムの糖質が含まれています。

1個のりんごがおよそ250グラム程度ですから、
りんごを1個食べることによって、
32グラムの糖質を摂ることになります。

これは一食の中で食べるには過剰な数値ですし、
確実に糖質を摂り過ぎるようになりますから、
気をつけたほうがいいですね。

あるデータによると、ショ糖が含まれているために
血糖値が上がりにくいなどと書かれていますが、
血糖値検査機器で図るとすごく上がるのが分かります。

ショ糖は、いったんブドウ糖に変化されて、
そこからカラダに吸収されるスタイルのため、
血糖値が上がりにくいと言われています。

リンゴの中には、果糖18g、ブドウ糖6g、ショ糖9.6g、ソルビトール2g
という糖質がそれぞれ含まれていますが、
糖質制限中の方は気をつけたほうがいいですね。

デザートとして食べることが多いと思いますが、
食後にパクっとりんごを食べてしまうと、
恐らく糖質オーバーになる可能性が高いです。

1食あたり20グラム程度が目安ですから、
確実にマズイと思いますよ。

果物は、健康に良さそうなものが多いですし、
たしかに健康面には優れた効果があるものが多いですが、
糖質が多いのも間違いないことだと言えます。

ヨーグルトの中に果物を入れて、
フルーツヨーグルトにして食べる方も多いですが、
結果的にカロリーは少ないですが糖質オーバーですね。

気をつけなければならない部分だと思います。

糖質制限ダイエットのとき、vaam(ヴァーム)は飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限ダイエットを行なっているのであれば、
vaam(ヴァーム)は飲まないほうがいいと思いますよ。

一般的なバームの栄養素はこちら。
1本(200ml)当たり・脂質 0g・エネルギー 50kcal・炭水化物 9.7g・たんぱく質 2.9g・ナトリウム 115mg

ヴァームゼリーの栄養素
1個(180g)当たり・糖質 14g・エネルギー 32kcal・食物繊維 0.8g・たんぱく質 1.8g・ナトリウム 55mg・脂質 0g

どちらもカロリーは低いかもしれませんが、
糖質(炭水化物)の部分がガッツリと含まれているため、
糖質制限ダイエット中の方には適していませんね。

ヴァームだけを摂取するにしても、
血糖値が急激に上る可能性があるため、
気をつけなければ習慣化される恐れがあります。

脂肪を燃焼する効果はあると思いますが、
糖質が気になる方は避けたほうがいいですね。

バリン、ロイシン、イソロイシンといった
必須アミノ酸と呼ばれるものが含まれていますが、
糖質ゼロのアミノ酸系サプリメントも販売されているので、
そちらを使用したほうがカラダには良いかと思います。

食事と一緒にヴァームを使用している場合、
確実に糖質オーバーへとつながってしまいますから、
もし飲むのであれば、食間で運動前に飲むといいですね。

糖質を補給して血糖値が上がった分だけ、
しっかりと運動を行って解消していけば、
特に問題ないかと思います。

糖質制限ダイエットのとき、ヨーグルトは食べても大丈夫ですか?

糖質制限を行なっていくときに、
気をつけたい食材としてヨーグルトがあります。

無糖ヨーグルトであれば大丈夫と書かれている場合もありますが、
実際には100gあたり4.9グラムほど糖質が含まれています。

ヨーグルトが大好きな方でしたら、
100グラムではすまないでしょうから、
それだけでかなりの糖質オーバーになります。

さらに、加糖されているものだったり、
飲むヨーグルトなどは12グラム前後の糖質が含まれるので、
コチラは完全にアウトの食材になってしまいますね。

グラノーラなど健康志向を打ち出している商品なので、
人によっては健康に良いという理由で食べてしまう方もいますが、
糖質制限を行なっているときにはオススメできません。

アサイーヨーグルトだったり、
ストロベリーやブルーベリーなど
ベリー系のものも糖質はたっぷりです。

低糖質シロップをかけると甘くなりますが、
その文量をたくさん食べるようになってしまうので、
気をつけなければならない食材になってしまいます。

あと気をつけていただきたいのが、
脂肪0と書かれている商品がありますが、
そうしたものに限って糖質は高いことが多いです。
脂肪分を減らした分、旨味を糖質で補っているんです。
こんなところに落とし穴が・・・知れば知るほどおもしろいです。

糖質制限ダイエットは、夕食だけ、夜だけでも大丈夫ですか?

糖質制限は、夕食や夜だけ行なっても問題無いと思います。

一番効果があるのが、三食行うスーパー糖質制限なので、
減量効果を高めたい方はスーパーを行うといいと思いますが、
働いている方などは難しい部分がありますからね。

学校の給食などは、当然、糖質が多いでしょうし、
社食なども糖質が入っているのが当たり前ですから。

気をつけなければならないのが、
夕食に糖質制限を行なっているから、
朝・昼にたくさん食べても大丈夫という考えです。

これは、過去のデータ上、失敗する可能性が高いです。

糖質制限にかかわらず、
どれか一食を制限すると、
他の二食でカバーすることが多いですね。

ダイエットの論文などをたくさん見ていても、
制限していない食事部分で大量に食べるようになり、
それが当たり前になってフェードアウトしてしまう、
という傾向がとても多く発生しています。

僕も、最初の頃、夕食だけ行おうとしていましたが、
糖質制限食のほうがカラダのだるさがなくなったというか、
集中力が増すようになったので、スーパ制限に変更しました。

三食すべて糖質まみれの食事よりは、
明らかにカラダの変化が見られると思うので、
夕食だけでも行なってみてくださいね。

環境的に問題がなくなってきたら、
スーパー糖質制限をおすすめします。

糖質制限ダイエットのとき、有酸素運動をやったほうがいいですか?

糖質制限を行なっているときに、
有酸素運動を行うと脂肪が消費されやすいですよ。

もともと糖質制限を行うことによって、
脂肪がメラメラと燃えやすい状態になっているところを、
さらに有酸素運動によって燃やせるようになります。

以前は、一回に20分以上有酸素運動を行わなければ、
脂肪の燃焼効果が無いと言われていたので、
20分以上運動の時間をとる必要がありました。

ですが、最近の研究発表によると、
1回ではなく1日あたり20分以上トータルで行えば、
脂肪燃焼していくというでデータが出されていますね。

まずは、だらだらでもいいから、
少しずつ歩いたり自転車に乗るといいかもしれませんね。

でも、間違えてはいけないのは、
基本は糖質制限で痩せていくことであって、
有酸素運動はあくまでもやりたい人が行うべきです。

僕は運動が好きですから、
有酸素運動を行うのは困難ではありませんが、

嫁さんは運動が苦手ですから、
有酸素運動を行うことが困難であり、
強制的に行なっても仕方ないと思います。

好きな人は、有酸素運動を行う、
苦手な人は、糖質制限をしっかり行う、
こんな心構えで大丈夫だと思います。

カリカリした気持ちで行なってしまうと、
ストレスが溜まって継続できなくなると思うので、
ゆったりとした気持ちで糖質制限してみてくださいね。

糖質制限ダイエットのとき、0カロリー飲料は飲んでも大丈夫ですか?

糖質制限になったとき、自分はあまり0カロリーの飲み物を飲みませんが、
嫁さんはダイエットコーラなどを飲むことがありますよ。

人工甘味料のアステルパームが入っているので、
習慣的に飲み続けるのは問題がありそうですが、
それ以上に一般的な糖質を摂取し続けることのほうが害はあると思います。

また0カロリーの飲料の中でも、
まったく添加物が入っていないようなものは
積極的に飲んでいくといいと思います。

僕自身は、アルカリイオン浄水器を購入して、
自宅と職場の両方においてあるので、
それをこまめに飲むようにしています。

前よりも確実に便通が良くなりましたし、
糖質制限との併用によって肌はかなり改善されました。

もともと乾燥肌と脂性肌の混合タイプだったのですが、
顔全体がしっとりした感じになりながらも、
油っぽくないような状態になりましたね。

嫁さんも、糖質まみれの時代のときには、
常にアトピーのようなものが出ていましたし、
お腹の部分にも湿疹が大量に出ていました。

それが改善されてきているのは間違いありません。

長期間の継続は不適切だと思いますが、
ココぞというときに飲むようにしたり、
どうしても飲みたいときに飲むといいと思います。

「0カロリー」が重要なのではなく、
「糖質制限された飲み物」が重要ですよ。

糖質制限ダイエットのとき、どんなランチ、昼食を食べていますか?

糖質制限ダイエットを行っている時、
ランチにはほぼMEC食を食べていますよ。

東京などでは、きっと昼食を食べるところも多いでしょうし、
身近に外食できて糖質制限できる場所も多いかもしれません。

でも、僕が住んでいる地域では、
ほとんど外食するところがありません。

嫁さんも看護師として働いていますから、
なかなか弁当作りなどは難しいと思うので、
今はコンビニでMEC食になるようにしていますね。

MEC食って最初なんだろう??ッて思ったのですが、
ミート(肉)、エッグ(卵)、チーズの頭文字です。

糖質制限以上に健康に問題がありそうですが、
現状では各種数値は安定化していますよ。

面白いことに、嫁さんは停滞期が長いことがあったのですが、
この時期は、昼食に色々食べていたんですよね。

なんだかんだと言い訳をしながら、
昼食に糖質をたっぷり食べていた所、
まったくと言っていいほど痩せませんでした。

最初の糖質制限の時は順調に痩せていたのに、
二回目の糖質制限を始めたときに、
なかなか痩せないと言って悩んでいましたが、
よく話を聞いてみると、昼食にたくさん食べていたようです。

糖質制限を行う際は、
体重の下がりが悪い場合、
スーパー糖質制限食を食べたほうがいいです。

三食食べることによって、
間違いなく痩せていきますよ。

糖質制限ダイエット中はお酒・アルコールを飲んではいけませんか?

糖質制限中であっても、アルコールは飲んでも大丈夫ですよ。

日本酒や甘みの強いカクテルなど、
糖質がたっぷり含まれているものは飲んではだめですが、
糖質が含まれていないものであれば飲んでも問題無いですね。

糖質オフと書かれているもの、
糖質ゼロと書かれているものは、
まったく問題なく飲むことができます。

昔の糖質制限されたものは、
完全にビールではなかったですし、
全く美味しくありませんでしたよね。

でも、今販売されている糖質オフ系のものは、
かなり味が改良されていて、
区別がつかないものも多いです。

つい先日、友人と飲みに行ってきました。

親交があったバーテンダーさんが独立して、
自分でお店を出したというので、
開店祝いに行ってきました。

そのお店ではマティーニを、
二軒目のお店では鶏肉料理を中心に、
糖質制限されたものとハイボールを3杯ほど、
3軒目のお店で、再びマティーニとウイスキーを。

4件目のバーでテキーラを少々と、
マスターにお願いして作ってもらっている
糖質制限されたタコスを食べてきいました。

もの凄くたくさん食べたはずなのに、
もの凄くたくさん飲んだはずなのに、
体重は、翌朝400グラム減っていました。

こうした不思議な現象が起こるのが、
糖質制限の魅力だと思います。

僕のようにお酒が大好きな方であっても、
種類を選べば問題なく飲むことができますよ。