糖質制限ダイエットのとき、味噌は使っても大丈夫ですか?

糖質制限を行っている時には、
味噌は積極的に使用していただきたいと思います。

糖質もほとんど入っていませんし、
糖分を混ぜないよう二して使用すれば、
糖質制限ダイエッターにとって優れた食材になります。

気をつけなければならないのが、
甘味噌の存在ですね。

味噌の中でも甘く処理されている味噌は、
やはり糖質が多めに含まれている食材なので、
使用しないほうが良いかと思います。

とはいうものの、調味料は全て食べるわけではありませんし、
スープなどにしても鍋ごと全て食べる方は少ないと思うので、
食材と比較すれば気にする必要は少ないと思います。

昨日も刺身こんにゃくを食べる時に、
わさびじょうゆでさっぱりと食べるものと、
味噌マヨネーズで濃いめの味で食べていました。

こんにゃくによって糖質の上昇を抑えることができますし、
それぞれの調味料は糖質は少なめの調味料なので、
ボリュームのある食事を食べることができました。

チューブに入っているような甘めの味噌は、
糖質がかなり多いこともありますから気をつけてください。

あと、地域によってはおでんをたべるときに
甘い味噌をたっぷりつけて食べることがありますが、
少し注意したほうがいいかもしれませんね。

地域によって糖質の大小がありますから、
ご自身の住んでいる地域で食べられている料理が、
糖質が多いか少ないかを調べたほうがいいと思います。

糖質制限ダイエットでも食べれるおやつはありますか?

今回はみんな大好き「おやつ」についてです。

私は家ではあまりおやつが食べたい~とはならないんですが、
仕事中の昼食時は誘惑が多い。

職場の休憩室には毎日たくさんのお菓子が常備されています。

本当にみんな耐えさせません。笑

うちの職場は女子ばかりなんでね。

この時期になるとみんなで昼食後のアイスの買い出しに
売店へ向かいます。
職場にいても誘惑と戦わなければいけないのです。

その誘惑に勝て・・・・そうにありません。

なので、自分だけのおやつストックを充実させることに
いま注目しています。

一つ目・・・アイス
これはスーパーやコンビニで簡単に買えることがわかりました。
グリコ?だったかな?「カロリーコントロールアイス」です。
糖質は確か、どの味も7.9グラム!
私は「ラムレーズン」好き。

2つ目・・・ロールケーキ
これは、前も記事でおすすめしました。
ローソン「ブランのプレミアムロールケーキ」!
これも糖質7.6グラム!
セブンの至福のロールケーキ?だっけ?あれは21グラム以上でした。
この違い、怖いです。
しかも、味・食感、ともに殆ど変わらない。満足感すごいです。

3つ目・・・チョコレート
クングリーの「バランス チョコレート」
これは以前一度だけ食べたことがあります。
カルディに11月ごろから期間限定で入ってくるそうです。
以前は知らず、たまたま買ったんですが、滑らかで美味しかった~
でも買い足しに行った時にはもう完売していました・・・。
だから、今年こそ買いだめ予定です!!!
早く食べたいよ~

他にもプリンとか、ケーキとか、
ネットだけでなく身近で買えるおやつがとっても増えてます。
それだけ注目度が高いってことですよね。

いろいろこれからも勉強してみます。

ペッパーランチで糖質制限ダイエットすることはできますか?

ペッパーランチ、僕の住んでいる地方にもありますが、
糖質制限中の方にオススメのチェーン店だと思います。

お米をメインにした料理は避けたほうがいいですが、
それ以外の料理は糖質制限に自動的になっているメニューが多いです。

ペッパーランチはご飯も同じ鉄板の上に乗っている商品が
メインで売りだされていますが、
僕が食べるのは「ステーキ」です。

200~300グラムのステーキが
1000円ちょっとで食べれます。

300グラムだとかなりお腹いっぱいになります。
あの、ステーキソースも美味しくて僕は好きですね。

ソースにはきっと糖質入っているでしょう。
でもそこら辺はちょっとした誤差にしか考えていないので
しっかりと掛けて美味しく頂いてます。

ステーキに乗っかっている「バター」も糖質制限的にも
オッケーなんで心配ありません。

あのバターとペッパーランチ特性のステーキソースの相性が
バッチリなんです。

ステーキの他にもハンバーグ系も充実しています。

また女性でも食べやすい
サイコロステーキやサーロインステーキなんかもあります。

ま、うちの妻は「ワイルドステーキ」を食べていましたが。

でも糖質制限は守れているし、しっかり痩せているのでオッケーですね。

糖質制限中のペッパーランチ、
ぜひお試しください!

糖質制限ダイエット中でもパンを食べて大丈夫ですか?

パンについては「コンビニ」の記事の中でも書いてます☆

パンはもともと大好きで
美味しいパン屋をチェックしては県外まで車を走らせていました。

そんな私には糖質制限で
ガッツリ引っかかるアウトなパンを禁止することは
本当にストレスで仕方ありませんでした。

そんな時に糖質制限の商品が売ってると聞き、
ランチの買い出しにコンビニのローソンに行ってみました。

でも、まさかパンが糖質制限になって売りだされているとは
思いもせず、おかずの冷蔵棚ばかりチェックしていました。

普通のコンビニと変わらないな~と思い
期待はずれ~ガッカリしながら振り返ったところ
パンの棚の一番上に青色の大きな表示のあるパンがズラリ!
誘惑に負けて近寄っていったところ、
糖質量の表示がデカデカ書かれていました。

え???

パンなのに糖質10グラム前後のものばかり!
3グラム以内のものまで!!
種類も豊富で
・シフォンケーキ
・とうもろこしパン
・クリームパン
・チョコクロワッサン
などなど、他にも多数。

本当に興奮しましね~。
もちろん、めっちゃ買い込んで旦那に自慢気に説明しました。

そんな旦那から一言・・・
「食べ過ぎるなよ」

ですよね。
重々わかっておりますが・・・(汗)
気をつけます。

コンビニだけじゃなくても
ネット通販でもおいしいパンが
続々販売されています。
2年ほど前に糖質制限が気になって調べた時よりも
美味しそうな物やバリエーションもすごく増えてきている印象でした。

これなら続けれる!

みなさんも一度調べて見てくださいね!

糖質制限ダイエット中はコンビニの食事はダメですか?

私が糖質制限を始めるとき、
3食全て糖質制限する「スーパー糖質制限」を
はじめのモチベーションの勢いでやってしまおうか
考えました。

そこで問題になってくるのが、
お昼ごはん!

私達は共働きなのですが、
朝ギリギリまで寝ていたい、早起きが苦手な私にとって
お昼のお弁当を作ることは苦痛でしかありません。
それこそ長続きしない、
三日坊主決定です。

そこではじめからお弁当作りは諦めました。

普段私は職場の社員食堂で
日替わり定食、または肉丼(笑)を
頼んでいます。

こんなふうなので
スーパー糖質制限は無理かな~って
思っていました。

でもいろいろ勉強していくと意外にも
コンビニで糖質制限が可能だとわかりました。

私のお決まりの昼食メニューは
・サラダにサラダチキンをプラス
・チーズ
これに
・唐揚げ棒
・和風ハンバーグ(おかずだけのもの)
・豆腐そうめん
・ブランのパン
なんかを気分によってプラスしてます。

特にありがたいのはローソンです。
ブランのパン(ふすまパン)も色々種類が豊富です。
これがめちゃくちゃ美味しい!
どうせマズイだろうと期待せずに食べたんですが・・・
完全にファンです!いろいろ探して試しています。

特にクリームパンです。
私はパン屋に行ったら絶対クリームパンを購入する!ほど
クリームパン好き。好きすぎる。
一般的にクリームパンには炭水化物(糖質)41.4グラム入っているところ、
ローソンの「ブランのカスタードクリームパン」は14.7グラムしか入ってないんです。
しっかり甘くて、柔らかくて、クリームもズッシリで
本当に満足感の高い商品です。

あとはロールケーキ!
セブンの「至福のロールケーキ」大好きです。
でも、見つけちゃいました!
ローソンの「プレミアムブランのロールケーキ」!
キターーーーーーー!!!!!!
糖質7.6グラムーーーーーーーーーーーー!!!
しかも、超しっとり、クリームたっぷり、
美味しすぎる~~☆

ローソンでは糖質の低い食品には
パッケージに大きくブルー表示で糖質量の記載があるから見つけやすい。

他のコンビニでも取り入れてもらいたい!
でも他の物も意外に糖質低いじゃん!ってものあるんで
いろんな商品のパッケージの裏をチラチラ見ながら
成分表示の炭水化物(糖質)の値をチェックしてます。

食べれるじゃん!って物を見つけるのが楽しい。
そんな毎日です!

糖質制限ダイエットでも食べれる外食はありますか?

糖質制限ダイエットだけでなくても、
ダイエット中に困るのは「外食」でのメニュー選びですよね。

私の経験では、
ダイエットを始めたときに限って
外食の誘いが増えたり・・・
ちょうど飲み会の予定が入っていて
そこまでダイエット開始を先延ばししたり・・・

そんな経験って結構ありますよね。

ダイエット開始後は、
外食自体を無理に制限したり・・・
外食に誘われることが怖かったり・・・
外食を断るのも勇気がいる・・・

こういうストレスもダイエットが長続きしない原因だったりする気がします。

で!

糖質制限ダイエットは・・・?

今までのダイエットでは考えられないけど、
「外食」もオッケーなんです!
友人や職場の同僚に食事に誘われることも
苦痛でなくなりました。

特に居酒屋なんて糖質制限中の私達にとって
大助かりのメニューがいっぱい!

砂糖の塊であるご飯や麺類、主食を
食べなくったって満足できる糖質制限メニューがいっぱいです。

お酒だって私の大好きなハイボールやワインなんかも
グビグビ・・・グビっと飲めることがなんとも嬉しい。

ファミリーレストランでは・・・・?
うちでもよく利用するガストで言えば、
目玉焼きハンバーグ、
チキンステーキ、
ミスジステーキ、
食べてます!笑

ただし、ライスは食べません!
断る勇気をもちましょう!・・・はじめは辛いかも。

今日のご飯は自宅でハンバーグです。
一緒に糖質制限、無理なく続けましょう!

糖質制限ダイエットのとき、ポン酢は食べても大丈夫ですか?

糖質制限を行なっていくにあたって、
僕自身びっくりしたのがポン酢ですね。

嫁さんも僕も「ポン酢はOK」だと思い込んでいたので、
糖質制限の勉強を行なっていくときに衝撃を受けました。

他の調味料よりもさっぱりしているし、
レモンなんかを使っていそうな感じがして、
健康的なイメージがありました。

でも、ポン酢は糖質(100g当たり)15グラム前後なので、
気をつけなければとんでもない摂取量になってしまいます。

ドバっとかけて使うときにも、
つけダレとして使うときにも、
ついつい量が多くなってしまうと思います。

スーパーなどで見ていても、
塩分は抑え気味になっているポン酢はあっても、
糖質が制限されているものは皆無ですね。

自分はしゃぶしゃぶが大好きなのですが、
糖質制限を始めようと思ったとき、
ごまだれはNG、ポン酢はOKだと勝手に勘違いしていました。

実際にはポン酢がNGで、
ごまだれは量を気をつければOKです。

世の中にはいろいろな食べ物があると思いますが、
健康的なイメージがついている食品の中にこそ、
糖質がたっぷりのものが多いと思います。

糖質制限ダイエットを行うまでは、
一切気づかなかったことですが、
健康的なイメージの食品には注意したほうがいいですよ。

糖質制限ダイエットのとき、ポテトフライは食べても大丈夫ですか?

糖質制限を行なっているときには、
ポテトフライは食べないほうがいいですね。

炭水化物を油で揚げているという、
ダイエットを行っている人にとって
最悪の食べ物だと思いますよ。

油単体であれば、そこまで問題ありませんが、
糖質が入ってくることによって、
油が吸収されやすくなりますね。

さらに気をつけなければならないのが、
ファーストフード店などで使用されている油は、
カラダに悪影響をおよぼすことがあると言われています。

最近ではコンプライアンスの問題から、
油の使い回しのようなものは少なくなっていますが、
以前は、いつ開けたか分からない油が使われていましたね。

コンビニでアルバイトをしていた友人が、
「コンビニの揚げ物は食べないほうがいいよ」
と言っていたのをいまだに覚えています。

糖質がグッと上がった状態で、
油を吸収させてしまうのはまずいです。

銀だこの会長さんが、以前このようなことを話していました。

「タンパク質を中に入れて、
炭水化物で包んで油であげたものが、
大ヒットするファーストフードの特徴である」

ファーストフードで流行るものというのは、
間違いなく糖質高めになっていますから、
気をつけたほうがいいですね。

ビジネスの面から様々な戦略を使って、
消費者にお金を使わせようとしますからね。

上記のような商品が美味しいということ、
そしてリピートしてもらえるということ、
これは、糖質の習慣性を表していると思います。

糖質制限ダイエットで皮下脂肪は減りますか?

糖質制限を行うと、皮下脂肪も内臓脂肪も
かなり減ると思いますよ。

正確にMRIなどでチェックしたことがないので、
自分自身がどのような体型になっていたかは分かりませんが、
肉をつまめなくなったのは間違いありませんね。

肌がピンとなってきて、
お腹がしっかりと凹むようになって、
皮下脂肪も内臓脂肪も減少していると思います。

嫁さんもダイエット前はかなりお腹が出ていましたが、
徐々に少なくなってきているのは見てわかります。

部分やせを行うことはできないと思いますが、
自分が痩せたい部分を低回数で筋トレを行なったり、
痩せているように見せたい部分の周りの筋肉を
しっかり鍛えることでメリハリボディになりますよ。

糖質制限だけで行う方法でも、
十分カラダは引き締まっていくと思います。

ネット上にあるかどうかは分かりませんが、
以前、テレビ番組の世界ふしぎ発見のスペシャル番組で、
小麦の摂り過ぎで肥満が増加しているというものを行なっていました。

その中で皮下脂肪に関する情報が出ていて、
糖質を過剰に摂取することによって、
皮下脂肪が増大するというものが流れていました。

ピマ族など肥満体型のヒトの特集だったので、
糖質制限を行なっている方に、
ぜひ一度見ていただきたい回です。

糖質制限ダイエットでリバウンドすることはありますか?

糖質制限を解除してしまうと、
リバウンドすることがありますよ。

データを取っていないので正確に覚えていないのですが、
僕自身、2014年の前半の段階では75キロ前後でした。

2013年に80キロ程度だったので、
そこでいったん糖質制限を行なって、
体重がコンスタントに落ちていったんですね。

完全に言い訳になってしまいますが、
仕事があまりにも忙しすぎてしまい、
アイスを一つ食べたのが間違いでした。

糖質制限をしっかり行なっていたカラダに、
アイスの強烈な甘味が加わったことによって、
糖質制限がどうでも良くなってしまったんですね。

スタイルよりも食事の楽しみが優先されてしまい、
結果的に糖質制限をやめてしまって、
そこからリバウンドが起こりました。

かなり強烈なストレスを受けていた時期なので、
「甘いものを食べてカラダを休息させる」
「甘いモノが脳にとっての栄養素になる」と、
勝手に言い訳を作って食べてしまっていましたね。

日本はお米などを積極的に作っていた国なので、
国の政策で「お米(糖質)=健康によい」という
イメージ戦略を行なっていました。

その戦略を各マスコミが受け継いで、
「甘いもの=休息に使用できる」といった、
洗脳に近い形が生み出されていると思います。

糖質制限を行なっている際は、
一切リバウンドはありませんでしたが、
自分の言い訳によってリバウンドしてしまいました。

糖質制限では、リバウンドは起こりませんよ。