糖質制限ダイエットのとき、ポテトサラダは食べても大丈夫ですか?

「サラダ」という名称がつくと、
人は健康的な食べ物だと思って食べてしまいます。

一般的な体型の人よりも
肥満体型の人のほうが敏感に反応します。

類は友を呼ぶという言葉がありますが、
僕の周りには体型が太めの友人が多くいます。

彼らは「サラダ」という言葉に逐一反応していて、
特にポテトサラダのことを「健康的な食べ物」として、
日頃からたくさん食べているように思います。

でも、残念ながらポテトサラダは、
糖質たっぷり・油たっぷりの最悪の料理です。

ウィキペディアでサラダについて調べてみましたが、
「生野菜を油と酢で調味してあえたもの」と書いてありました。

油そのものはまったく問題ありませんが、
糖質たっぷりで加熱されて酵素が少なくなっている
イモ類をサラダに加えてしまうと血糖値が急上昇しますね。

よくよく考えてみると、
ファミレスなどでマッシュポテトなどが
かならずハンバーグの横にくっついてきますね。

ファミレスはビジネスで行なっていますから、
お金を稼ぐために「何度も」お店に運んでもらって、
お客さんにお金を落としてもらう必要があります。

食べ物の中で最も習慣性が高いのが糖質ですから、
お客さんに気づかない部分で糖質を多めに入れるようにして、
お客さんの脳や舌ベロを麻痺させてしまいます。

ドリンクバーもそうだし、
ポテトフライなどが人気なのもそうだし、
人間の習慣性を上手くコントロールしたビジネスですね。

ポテトサラダ、食べないほうがいいですね。

糖質制限ダイエットのとき、ポテトフライは食べても大丈夫ですか?

糖質制限を行なっているときには、
ポテトフライは食べないほうがいいですね。

炭水化物を油で揚げているという、
ダイエットを行っている人にとって
最悪の食べ物だと思いますよ。

油単体であれば、そこまで問題ありませんが、
糖質が入ってくることによって、
油が吸収されやすくなりますね。

さらに気をつけなければならないのが、
ファーストフード店などで使用されている油は、
カラダに悪影響をおよぼすことがあると言われています。

最近ではコンプライアンスの問題から、
油の使い回しのようなものは少なくなっていますが、
以前は、いつ開けたか分からない油が使われていましたね。

コンビニでアルバイトをしていた友人が、
「コンビニの揚げ物は食べないほうがいいよ」
と言っていたのをいまだに覚えています。

糖質がグッと上がった状態で、
油を吸収させてしまうのはまずいです。

銀だこの会長さんが、以前このようなことを話していました。

「タンパク質を中に入れて、
炭水化物で包んで油であげたものが、
大ヒットするファーストフードの特徴である」

ファーストフードで流行るものというのは、
間違いなく糖質高めになっていますから、
気をつけたほうがいいですね。

ビジネスの面から様々な戦略を使って、
消費者にお金を使わせようとしますからね。

上記のような商品が美味しいということ、
そしてリピートしてもらえるということ、
これは、糖質の習慣性を表していると思います。