糖質制限ダイエットのとき、ご飯は食べても大丈夫ですか?

糖質制限を行なっているときに、ご飯はNGです。

「お米=砂糖」と言われているくらい、
糖質制限の世界ではNGの食品となります。

以下のような栄養成分が含まれています。

100gあたり
【カロリー】168キロカロリー
【タンパク質】2.5グラム
【脂質】0.3グラム
【炭水化物】37.1グラム
【食物繊維】2.3グラム

糖質がガッツリ入っていますね。

「真っ白い食品はまずカットする」という方法があって、
糖質制限を行なっていくにあたって最初にカットすべきが、
真っ白い食品群なんですね。糖質がとても多い食品群です。

お米もそうだし、うどんもパンもパスタも牛乳も、
一般的に市販されて食べられているものは、
すべて糖質が高くなっています。

飲食店でも、こうした食材がたくさん使われていますね。

なぜ使われているかといえば、
保存することができて、価格が安くて、
何より「習慣化される食品」だからです。

お店側はリピートしてくり返し来てもらうことで、
収益を積み上げていくのをビジネスの基礎にしていますが、
「糖質の習慣性・中毒性」を使って積極的なリピートを狙います。

チェーン店と呼ばれるお店の食材を思い出してほしいのですが、
どう考えても、すべて小麦粉・米のいずれかが使われていますね。

安い値段で大量に食べてもらって、
繰り返し習慣的に食べてもらうというモデルなので、
本当に気をつけていただきたいと思います。

起業が仕掛けてくるマーケティングはとても上手なので、
簡単にデブにさせられてしまうと思いますよ。

Sponsored Link